2009年06月19日

柯徳三さんたちがNHKに「抗議と訂正を求める文書」を提出

6月19日「日台共栄」以下、転載-----------------------------------------
>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━【平成21年(2009年) 6月19日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            新しい日台交流にあなたの力を!!
<>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1064]
1>> 明日、NHK「JAPANデビュー」に抗議する国民大行動・第3弾in渋谷
2>> 柯徳三さんたちがNHKに「抗議と訂正を求める文書」を提出
3>> 明日、台湾研究フォーラム関西が産経の吉村記者などを講師に第6回例会
4>> 明日、酒井充子監督を講師に台湾研究フォーラムが第123回定例会
5>> NHKを集団提訴 3,000名突破!「訴訟委任状」提出のお願い【締切:6月22日】

-----------------------------------------------------------------------------
■ 2009年・台湾アップルマンゴーお申し込みフォーム
 http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0048.reg

■ 放送法改正で受信契約を自由契約にしよう!!【第1期:5月25日〜7月31日】
 http://www.shomei.tv/project-1096.html

■チャンネル桜 YouTube オフィシャルサイト
 http://jp.youtube.com/user/SakuraSoTV
 *NHK問題などに関するチャンネル桜の動画が全て見られます

■ 映画「台湾人生」前売券 お申し込みフォーム
 http://www.ritouki.jp:80/cgi-bin/enquete/form0046.reg

■ 機関誌『日台共栄』発行の遅れについて
 機関誌『日台共栄』は本来なら5月1日付で発行すべきところ、諸般の事情により遅れて
 います。会員の皆様にはご心配とご迷惑をお掛けして申し訳ありません。7月中旬まで
 に発行予定ですので、いましばらくお待ちください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 明日、NHK「JAPANデビュー」に抗議する国民大行動・第3弾in渋谷
   イベント広場で「訴訟委任状」を受付、印鑑とペンを用意してご参加を!

 NHKの「JAPANデビュー」の偏向・捏造が次々と明らかになっています。明日
(6月20日)、NHK「JAPANデビュー」に抗議する国民大行動の第3弾を渋谷で実施
いたします。国民の「怒り」を三たびNHKに!!

 デモ行進前の集会会場(イベント広場)で「NHK集団訴訟」の原告募集を行います。
「訴訟委任状」を用意していますので、「印鑑とペン」をご用意の上、ぜひご協力のほど
お願いします。                             (編集部)

【街頭宣伝】

11時00分〜13時30分 JR「渋谷」駅ハチ公前広場

 *水島総(「NHK『JAPANデビュー』」を考える国民の会代表)、松浦芳子(草
  莽全国地方議員の会代表)、三輪和雄(正論の会代表)、大谷英彦(NHKを正す会
  代表)、永山英樹(台湾研究フォーラム会長)、柚原正敬(日本李登輝友の会常務理
  事)などが登壇。

【抗議集会・緑の風船大行進】

13時00分 代々木公園 イベント広場(NHKホール隣)集合

 *JR「原宿」駅(表参道口)、東京メトロ「明治神宮前」駅(1番出口)「代々木公
  園」駅(4番出口)より徒歩5〜10分。東京都道413号(表参道通り)からNHKホー
  ルへと通じるけやき並木を進むと、NHKホールの手前、右手に広場があります。

13時00分〜14時30分 抗議集会(リレートーク)

 *小田村四郎(日本李登輝友の会会長)、長峰俊次(在日台湾同郷会会長)、石平(評
  論家)、イリハム・マハムティ(世界ウイグル会議日本代表)、大谷英彦(NHKを
  正す会代表)、大高未貴(ジャーナリスト)、井上和彦(ジャーナリスト)、西村幸
  祐(撃論ムック責任編集者)、水島総(「NHK『JAPANデビュー』」を考える
  国民の会代表)、松浦芳子(草莽全国地方議員の会代表)、三輪和雄(正論の会代
  表)、永山英樹(台湾研究フォーラム会長)、柚原正敬(日本李登輝友の会常務理事)
  などが登壇。

14時30分〜15時30分 緑の風船デモ行進

 *代々木公園・イベント広場(NHKホール隣)→ 代々木小公園到着(解散)

 *台湾のイメージカラーである緑色の風船の準備(ガス注入等)をお手伝いいただける
  方は、11時までに代々木公園イベント広場へお越し下さい(9時から作業開始予定)。
  少しでも多くの参加者に緑の風船を持ってもらえるようお願いいたします。

【主催】
草莽全国地方議員の会、「NHK『JAPANデビュー』」を考える国民の会、日本李登
輝友の会、台湾研究フォーラム、在日台湾同郷会、台湾団結連盟日本支部、メルマガ「台
湾の声」、NHK報道を考へる会、誇りある日本をつくる会、昭和史研究所、日本世論の
会、日本会議東京都本部、日本文化チャンネル桜二千人委員会有志の会、新しい歴史教科
書をつくる会 東京支部・三多摩支部 ほか

【協賛報道】
日本文化チャンネル桜、國民新聞

【ご連絡先】
草莽全国地方議員の会 TEL/FAX:03-3311-7810
日本文化チャンネル桜二千人委員会有志の会 TEL:03-6419-3900
日本李登輝友の会 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 柯徳三さんたちがNHKに「抗議と訂正を求める文書」を提出

 昨日の本誌で、NHKがホームページに「『アジアの“一等国”』に関しての説明」を
掲載したことを伝えた際に、「NHKは『柯徳三さんや蒋松輝さんから抗議を受けている
ということはありません』と説明しているが、柯徳三さんたちがNHKに対して正式に抗
議文を郵送したことが最近になって明らかにされた」と書いたところ、もう少し具体的な
情報をという声が相次いだ。

 柯徳三さんはNHKに対して「NHK番組『JAPAN・デビュー』に対する抗議と訂
正を求める文書」というタイトルの文面を送っている。このことは、昨日(6月18日)放
送された日本文化チャンネル桜の中でも明らかにされているので、下記に「You Tube」動
画をご紹介したい。

 NHKは「『アジアの“一等国”』に関しての説明」で、4月6日に蒋松輝さんから送ら
れた御礼のメールだけ紹介しているが、実は「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」
に対する6月9日付の回答の中で、番組出演者である蒋松輝さんと藍昭光さんの連名で4月
22日に「ご参考まで」というメールが届いていたことを明かしている。

 この「ご参考まで」は、「人間動物園」「日台戦争」「漢民族」「中国語」の4点は
「別の表現が適切ではないか」という趣旨の内容なのだが、それは台湾人のNHKを慮っ
た婉曲的な表現だった。ストレートに訂正せよという要求はしなかっただけなのだ。

 だが、NHKは台湾の人々のこのような気持ちや配慮を理解しようともせず、議連への
その回答で、蒋松輝さんに連絡して「このメールが抗議やクレームではないこと」をわざ
わざ確認したと述べている。よほど出演者による抗議やクレームが恐いらしい。

 ところが、蒋松輝さんも藍昭光さんも、そして柯徳三さんも怒っていたのだ。婉曲に
「別の表現が適切ではないか」と書いただけなのである。なぜなら、柯徳三さんが自筆の
署名と印鑑を捺してNHKに郵送した「NHK番組『JAPAN・デビュー』に対する抗
議と訂正を求める文書」は、4月22日の「ご参考まで」とほとんど同じだからだ。柯徳三
さんだけではなく、藍昭光さんも自筆の署名と印鑑を捺して郵送している。

 そこには明確に「台湾での取材で、多くの意見が出たにもかかわらずそれを公平にとり
あげていなく、編集の偏向、歪曲がうかがえます」と書き起こし、「ことに下記の四つの
点の歴史解釈については、間違いであるとして此処に抗議と訂正を要求いたします」とし
て、「人間動物園」「日台戦争」「漢民族」「中国語」の解釈を示しているのである。

 近々、この「抗議と訂正を求める文書」の全文をご紹介するが、NHKはもう「抗議が
来ていない」と言い逃れはできない。

 昨日発行の「J-CASTニュース」は日本文化チャンネル桜の水島総社長の「NHKにイン
タビューされたご本人から、捺印された抗議文を預かっています。『日本に来て、抗議し
てもいい』ともおっしゃっています」というコメントも紹介しているので、下記に併せて
ご紹介したい。                             (編集部)

■1/4【台湾取材レポート】パイワン族の真実−大高未貴の報告・前編[桜 H21/6/18]
 http://www.youtube.com/watch?v=LMC-AxhqZ74
--------------------------------------------------------------------------------
「番組偏向」批判にNHKが説明文 抗議団体「これでウソが分かった」
【6月18日 J-CASTニュース】
http://www.j-cast.com/2009/06/18043513.html

 NHKの大型企画「シリーズ・JAPANデビュー」をめぐる波紋が拡大している。18
59年の横浜開港から、1945年までの日本の歩みを振り返るという趣旨の大型番組なのだが、
シリーズ開始直後から「自虐史観に基づいている」「インタビューの編集が恣意的だ」と
いった声が続出。「NHKの大罪」と題して新聞1ページを丸々使った意見広告が掲載さ
れたり、全国で抗議活動が行われたりもしている。これを受けて、NHKはウェブサイト
上に説明文を掲載したが、「番組に問題はない」とする内容で、批判は収まりそうにない。

「台湾人男性から抗議を受けている事実はない」

 批判を浴びているのは、NHKが2009年4月5日に放送した、NHKスペシャル「シリー
ズ・JAPANデビュー 第1回 アジアの『一等国』」。日本にとって初めての植民地で
ある台湾を、どのように統治したかを描いたものだ。

 その中で、台湾の先住民族を博覧会で「展示」したことを「人間動物園」として紹介し、
教育勅語を暗唱してみせる台湾人男性の姿も登場。さらに、台湾人を日本式に教育する
「皇民化教育」についても触れ、

「親日的とも言われる台湾に、今も残る日本統治の深い傷」

というナレーションも入った。

 この内容に対して、「偏向している」「自虐史観だ」との批判が相次いでいるのだ。

 「週刊新潮」が、4月23日号で「歴史歪曲と『台湾人』も激怒したNHK『超偏向番
組』」という特集を組んだほか、5月18日の産経新聞(東京本社発行最終版)には、丸々1
ページを使った意見広告が登場。

「NHKの大罪」

「NHKは日台友好関係を破壊するのか? 私たちはNHKスペシャル『JAPANデビ
ュー』の『やらせ』取材、歪曲取材、印象操作編集の偏向歴史番組の制作と放送に抗議し
ます」

といった文字がおどった。

 これまでNHK側は、記者会見や国会議員からの問い合わせに対して、「内容に問題な
い」との答えを繰り返してきたが、6月17日になって、番組制作の経緯を説明する文書を
ウェブサイトに発表した。A4で6ぺージにもわたるものだ。

 文書を発表した経緯について、日向英実放送総局長は会見の場で

「これまでも個別の問い合わせに対し丁寧に対応してきたが、視聴者の皆さまにも説明す
べきと考えた」

「特定の意図や歴史観に基づいて作っているのではないことをご理解いただきたい」

などと説明。「特定部分を切り取った」などと批判されているインタビューについては、

「台湾の方々へのインタビューについて、不適切な編集はありません。また取材や制作過
程においても問題はありません」

とした上で、インタビューを受けた2人の台湾人男性から抗議を受けている事実はない、
などとした。総じて、「番組に問題はない」との主張が繰り返されている。

インタビューされた本人から抗議文?

 これに対して、前出の広告の事務局を担当しているCS放送局「日本文化チャンネル
『桜』」の水島総社長は、

「この文書が公開されたことで、NHKの主張が全部ウソだったことが分かった。非常に
タイムリーで有り難い。実は、この問題をめぐる、3回目の台湾取材から戻ってきたばか
りなんです」

と息巻く。

「NHKは『抗議は受けていない』という回答を繰り返していますが、実はメチャクチャ
に怒っています。NHKにインタビューされたご本人から、捺印された抗議文を預かって
います。『日本に来て、抗議してもいい』ともおっしゃっています。さらに、『人間動物
園』で展示された青年の遺族が、当時の写真を見て『悲しい』と話している場面がありま
すが、本人に取材したところ、これは『懐かしい』という意味だと言うことが分かったん
です。つまり、『お父さんが懐かしい』という意味です。捏造どころではありません」

 水島社長によると、6月19日には、関係資料を揃えて国会議員とともに総務省を訪ね、
同省の見解を質すほか、6月25日には集団訴訟を起こす予定で、原告の数はすでに3050人
に達しているという。

水島社長は、

「これらの事実は『チャンネル桜』でも続々と放送していく予定です。NHKの会長が、
この事実を知ったら、顔を青くするのではないでしょうか」

と話している。

 なお、今回問題になっているシリーズは、すでに3回放送されており、第4回は6月28日
放送予定だ。タイトルは「軍事強国(仮)」だ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 明日、台湾研究フォーラム関西が産経の吉村記者などを講師に第6回例会
 この集いは、李登輝学校日本研修団に参加した関西在住の友の会員(第8期竹市団長と
第10期近藤副団長の他のメンバー)が中心となって、昨年夏から開催してきました。関西
にお住まいの読者にはぜひともご参加してくださるようご案内いたします。

日本と台湾を考える集い・関西 !)
第6回例会は6月20日(土)京都市内で開催します。

■第一部 「国民党が復権した台湾の現状」
     講師 吉村 剛史 氏(産経新聞社記者)

 昨年の総統選で国民党が勝利し、馬英九総統は立法府における圧倒的多数の与党を背景
に政権を運営し一年が経過した。総統就任直後は尖閣諸島を巡る問題で対日的な緊張感を
生じさせるとともに、経済改善を図るとして中国への接近姿勢を強めた。しかし、その経
済再建策は、世界的な景気悪化の影響も受けて目覚ましい成果は得られず、期待に反する
として台湾人の不満感は増大しているかのようである。

 蒋経国、李登輝時代に引き続く8年間の陳水扁時代を経て、台湾は事実上の独立した民
主国家として成長してきた。台湾人が行った昨年の政権選択とその後の民意を分析し、日
本ではありがちな「統一・独立」の観点ではなく、台湾の現状を考えて見ます。

■第二部 「台湾語への招待」 
     講師 久保 耕治 氏(高校教師)

 台湾では小学校で台湾語教室が始められています。台湾語はどのような言葉であるのか
を概説し、これまで排斥されてきたのはなぜなのか。今はなぜ推進されるようになったの
かを考えます。台湾語は話す言葉であり、表記はされてきませんでした。近代語として確
立するためには表記法が必要になります。どのような表記がこれまでに提案されたかを紹
介し、望ましい表記のあり方を考えます。

 日本語は縄文・弥生からの原日本語(やまと言葉)の中に大量の漢語が入ってきて、骨
格はやまと言葉で形作り、豊富な肉付けは漢語が担っています。朝鮮語も同様です。台湾
語はどのように考えるべきでしょうか。周辺に位置するという共通性をもとに、日本の漢
字音と台湾語の漢字音のありようを考えてみます。三位一体の三位はサンミといいます。
なぜでしょう。台湾語や朝鮮語を知っているとこの読み方が納得できます。古代漢語から
枝分かれした現代の日本語の漢字音と台湾語音との関連性を考えます。

【日  時】 平成21年6月20日(土) 13:30〜17:00(13:15開場)

【場  所】 きらっ都プラザ(京都産業会館)
       京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町80 電話 075(211)4506
       ※ 阪急「烏丸」駅・京都地下鉄「四条」駅26番出口で会館地下直結
       きらっ都プラザ http://www.ksk.or.jp/sub5.htm

【参 加 費】 1,000円(学生・留学生は500円 中学生以下無料)
       ご参加いただける方は、会場(80名)の都合上、お名前とお住まいの市町
       村名をご連絡ください。

【主  催】 台湾研究フォーラム関西講演会事務局(代表 竹市 敬二)
      ブログ http://taiwankenkyuforumkansai.blogspot.com/
       Eメール t.forum.kansai@gmail.com

【問合せ先】 京都 090(3052)5627(江上) 大阪  090(3055)1778(根屋)

*講演会終了後、台湾料理屋「台北城」にて希望者による懇親会を開催します。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4>> 明日、酒井充子監督を講師に台湾研究フォーラムが第123回定例会
   演題は「台湾の人生に触れて日本を考える」

■ 講師  酒井 充子(映画「台湾人生」監督)
■ 演題  「台湾の人生に触れて日本を考える」

 昨年8月、本会の定例会で映画「台湾人生」(旧題名:逍遥日記)を上映しましたが、
それから約10ヶ月、ついに来週27日から劇場公開されることになりました。そこで今回は
酒井充子監督に再登場いただき、映画製作過程でのいろいろな体験や、この10ヶ月の出来
事などをお話いただきます。
--------------------------------------------------------------------------------
酒井充子(さかい・あつこ)1969年生まれ、山口県出身。大学卒業後、メーカー勤務を経
て北海道新聞社記者。2000年から、ドキュメンタリー映画の制作および劇映画の制作・宣
伝に関わる。

酒井監督からのメッセージ:私にとって台湾の日本語世代の人生に向き合うことは、同時
に、日本人とは? 日本という国とは? を考えることでした。取材のエピソードを交え
つつ、台湾のこと、日本のことについてお話できればと思います。
--------------------------------------------------------------------------------

【日 時】 平成21年6月20日(土)午後6時〜8時

【場 所】 文京区民センター2−A
      電話:03(3814)6731 住所:東京都文京区本郷4−15−14
      ※文京シビックのはす向かい
      都営三田線・大江戸線「春日駅」徒歩1分
      東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園駅」徒歩1分
      JR「水道橋駅」徒歩10分 

【参加費】 会員500円、一般1,000円

【懇親会】 閉会後、会場付近にて。(会費3,500円、学生1,000円)

【申込み】 6月19日までに下記へ。
      E-mail:taiwan_kenkyu_forum@yahoo.co.jp
      FAX: 03-3868-2101

【問合せ】 090−4138−6397

■会員募集中 年会費2,000円(定例会会場でも受付いたします)
--------------------------------------------------------------------------------
台湾研究フォーラム 123回定例会 申込書

氏 名

懇親会  参加  不参加 (○をお付けください)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
5>> NHKを集団提訴 3,000名突破!「訴訟委任状」提出のお願い【締切:6月22日】
   6月25日に提訴し司法記者クラブにて記者会見

 「NHKスペシャル シリーズ『JAPANデビュー』 第1回『アジアの“一等国”』」
をはじめ、番組製作・放送において著しい偏向報道や歪曲、捏造、印象操作等を行いなが
ら、国民からの抗議や批判にも不誠実な対応を改めようとしないNHK に対し、公共放
送としてあるまじき道義的責任を問うべく、集団訴訟を提起いたします。

 つきましては、NHKに視聴料を支払っている方でも支払っていない方、誰でも結構
です。国籍も問いませんし、金銭的なご負担もなく、裁判所からの連絡や通達等もござい
ませんので、本訴訟に原告としてご賛同いただける方は、下記の要領にて「訴訟委任状」
をお送りくださいますようお願いいたします。

 本会会員の方には6月18日に「放送法改正」の署名用紙とともに郵送いたしました。あ
まり時間がないところで恐縮ですが、身近な友人・知人にも声をかけていただきますよう
よろしくお願い申し上げます。

 平成21年6月18日

                      日本李登輝友の会・放送法改正推進本部

■【原告募集!】NHK集団訴訟 「訴訟委任状」提出のお願い
 http://www.ch-sakura.jp/topix/1054.html

【1】「訴訟委任状」用紙をダウンロードし、必要事項(日付、郵便番号、住所、氏名)
  を明記の上、必ず 捺印 をして、「訴訟委任状」を作成してください(「訴訟委任状」
  サンプルをご参照ください )。

◆「訴訟委任状」用紙 Word版
 http://www.ch-sakura.jp/sakura/NHK_lawsuitproxy.doc

◆「訴訟委任状」用紙 PDF版
 http://www.ch-sakura.jp/sakura/NHK_lawsuitproxy.pdf

*日付、郵便番号、住所、氏名をご記入の上、捺印願います。氏名だけは必ず直筆 にて
 お願いいたします。

*「訴訟委任状」サンプル をご参考に、ご記入・捺印 をお願いいたします。
 http://www.ch-sakura.jp/sakura/NHK_lawsuitproxy_sample.pdf

*「訴訟委任状」用紙をダウンロード・印刷できない方は、ご連絡いただければ用紙とサ
 ンプルを郵送いたします。

*「訴訟委任状」は全国のセブンイレブンの 「ネットプリント」 サービス での印刷も
 可能です(1枚20円)。登録した8桁の予約番号「48313670」を、各店舗のマ
 ルチコピー機に入力していただくことで、「訴訟委任状」用紙を印刷できます。

【2】完成した「訴訟委任状」を、下記までご郵送願います。
  〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-1-16 若草ビル1階
  日本文化チャンネル桜 二千人委員会 事務局 「NHK集団訴訟 委任状」係

■締切り 平成21年6月22日(月)必着

【注意事項】

・委任状は「お一人一枚」でお願いいたします。連名は無効です。
・氏名は、必ず「直筆」 にてお願いいたします。
・必ず「捺印」をしてくださいますよう、お願いいたします。捺印のないもの、シャチハ
 タ印は無効になります。
・FAXやメール添付にて送られた「委任状」は無効です。必ず、オリジナル(本紙)を
 ご郵送願います。

【資格・その他】

・NHKに視聴料を支払っている方でも支払っていない方でも結構です。
・国籍は問いません。
・未成年者はご遠慮下さい。
・今回の訴訟は民事訴訟です。受信料を支払っている方については、契約違反で損害賠償
 請求、支払っていない方については、慰謝料の請求をする予定です。
・委任状をご送付後は、裁判所からの連絡や通達等はありません。全て代理人の弁護士が
 ご対応いたします。
・現在、高池勝彦弁護士を中心に弁護団を準備しておりますので、詳細は後日発表いたし
 ます。
・今回の金銭的なご負担は委任状の郵送料のみです。 別途、訴訟団としてご支援を呼び
 かけることはあります。

■お問い合わせ
 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-1-16 若草ビル1階
 日本文化チャンネル桜 二千人委員会 事務局 「NHK集団訴訟 委任状」係
 TEL:03-6419-3900 E-mail:info@ch-sakura.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ NHK「JAPANデビュー」問題:抗議先
・NHK「ジャパン・プロジェクト」の濱崎憲一ディレクター
 TEL:03-3465-1111
・NHK視聴者コールセンター
 TEL:0570-066066 FAX:03-5453-4000
 メール:http://www.nhk.or.jp/special/
・NHKスペシャル「感想・問い合わせ」
 https://www.nhk.or.jp/special/contact/index.html
・放送倫理・番組向上機構(BPO)
 TEL:03-5212−7333 FAX:03−5212−7330
 https://www.bpo.gr.jp/audience/send/form.html(ご意見送信フォーム)
・総務省(放送政策課直通)
 TEL:03-5253-5776 FAX:03-5253-5779
 メール:https://www.soumu.go.jp/common/opinions.html
--------------------------------------------------------------------------------
●日本李登輝友の会にご入会を!─NHK問題を解決するためにも
 NHK「JAPANデビュー」問題が起こってから、日本李登輝友の会に入会される方
 が増えています。この問題の解決のために本会をご支援いただける方は、ぜひご入会を
 お願いします。下記の「入会お申し込みフォーム」からですと、手軽にお申し込みでき
 ます。「入会案内」はホームページをご覧ください。   (日本李登輝友の会事務局)

■入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

■入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

●「日台交流基金」にご協力を!

1口=2,000円(5万円以上の篤志者の方には特典があります)

☆郵便局
【加入者名】日本李登輝友の会 【口座番号】00110−4−609117

・通信欄に「基金」とお書き添えください。
・一般の方は、郵便局備え付けの「郵便払込取扱票」をお使いください。
・会員の方は、機関誌『日台共栄』に添付の郵便払込取扱票をお使いください。

☆郵便貯金口座
【記号−番号】10180−95214171 【口座名】日本李登輝友の会

☆銀行
【みずほ銀行】
本郷支店 普通:2750564 日本李登輝友の会事務局長 柚原正敬
【三菱東京UFJ銀行】
本郷支店 普通:0012742 日本李登輝友の会事務局長 柚原正敬
【ゆうちょ銀行】
〇一九(ゼロイチキュウ)店 当座:0609117 ニホンリトウキトモノカイ

*郵便貯金口座と銀行からお振り込みのご注意
・一般の方の場合、振込人名しかわかりませんので、礼状はお出しできないことをご了承
 ください。
・会員の方は、お名前の前に必ず会員番号をご記入ください。
--------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信するメールマガジン。日本李登輝友の会の公式メルマガです。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2009 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
 ■今回の記事はいかがでしたか?
 ┃下記ページより、あなたの評価をつけてください!
 ┗ http://www.melma.com/score_F011Mc9j6076SNrjF0f2Nnii0a6a85a3/
 ─────────────────────────────────
posted by 親善大使 at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日台共栄より
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29906438

この記事へのトラックバック