2009年06月23日

柯徳三氏のNHKへ「抗議と訂正を求める文書」全文

6月23日「日台共栄」以下、転載-----------------------------------------
>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━【平成21年(2009年) 6月23日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            新しい日台交流にあなたの力を!!
<>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1067]
1>> 柯徳三氏のNHKへ「抗議と訂正を求める文書」全文
2>> 第3回「NHK『JAPANデビュー』に抗議する国民大行動」で採択の抗議文
3>> いまだに続く台湾番組への抗議 NHKは亡国のメディアか? [三河 さつき]

----------------------------------------------------------------------------■ 2009年・台湾アップルマンゴーお申し込みフォーム
 http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0048.reg

■ 放送法改正で受信契約を自由契約にしよう!!【第1期:5月25日〜7月31日】
 http://www.shomei.tv/project-1096.html

■チャンネル桜 YouTube オフィシャルサイト
 http://jp.youtube.com/user/SakuraSoTV
 *NHK問題などに関するチャンネル桜の動画が全て見られます

■ 映画「台湾人生」前売券 お申し込みフォーム
 http://www.ritouki.jp:80/cgi-bin/enquete/form0046.reg
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 柯徳三氏のNHKへ「抗議と訂正を求める文書」全文

 NHKは6月17日、プロジェクトJAPANのホームページに「『アジアの“一等国”』に関しての説明」を掲載した際、「NHKは『柯徳三さんや蒋松輝さんから抗議を受けているということはありません』」と説明している。

 だが、柯徳三さんや藍昭光さんなど、NHKの取材を受けた台湾の日本語世代は、番組内容はもちろんのこと、このNHKの対応にも怒っていた。そこで柯徳三さんたちは、どうやらNHKは電話などの口頭での抗議は抗議と見做していないと判断、それぞれに「N
HK番組『JAPAN・デビュー』に対する抗議と訂正を求める文書」を、署名・捺印して提出したことは先に伝えた通りだ。

 ここにその「NHK番組『JAPAN・デビュー』に対する抗議と訂正を求める文書」の全文をご紹介したい。

 これでNHKは「抗議を受けているということはありません」と言い逃れることはできない。出演者(著作権者)から正式に抗議を受けたら、NHKが取らなければならない行動は「放送法」第4条にきちんと定めてある。

 なお、本文中「●南語」(びんなんご)の●は「門の中に虫」という字です。(編集部)

■NHK・プロジェクトJAPAN「『アジアの“一等国”』に関しての説明」
 http://www.nhk.or.jp/japan/pdf/asia.pdf
--------------------------------------------------------------------------------
NHK番組「JAPAN・デビュー」に対する抗議と訂正を求める文書

 去る4月5日に放映されました「JAPANデビュー・アジアの一等国」では、台湾での取材で、多くの意見が出たにもかかわらずそれを公平にとりあげていなく、編集の偏向、歪曲がうかがえます。

 ことに下記の四つの点の歴史解釈については、間違いであるとして此処に抗議と訂正を要求いたします。

1、人間動物園
  これは当時の白人の優越感から生れた言葉ではあるが、バイワン族の正装した写真を「人間動物園」と字幕つきで紹介するのは、不適切である。高士村の人々は、今でもこれを村の栄誉としており、英国へ行った村の人々は、非常に優遇されていた様子が、1910年台湾総督府発行の「台湾日日新報」9月29日と30日付けの1面記事に詳しく記載されている。彼等の踊りは後に旧制台北高等学校で毎年の記念祭でも、圧巻のショーとして披露されている。パイワン族に対する人権問題である。

2、日台戦争
  戦争という言葉は、この場合不適切である。清国が台湾を日本に割醸して日本領台当初は台湾における反抗は強かったが、それは戦争ではなく「武装抵抗」という表現にするべきである。

3、漢民族
  台湾では、戦後大陸から逃げてきた中国人を除いては、自らを漢民族と思うより、台湾人と思っている人間が圧倒的に多い。番縄で漢民族と強調することは、DNAも漢民族とは異なる台湾人に対して恣意的な解釈を押し付けられる感を免れない。ここ二十年間、台湾人としてのアイデンティティーが根付いてきて普及している現在、今更なぜ「漢民族」を強調するのか疑問に感じる。

4、中国語
  当時台湾の人々が使っていたのは、所謂台湾語と呼ばれている●南語、それに客家語と、先住民族の各部族の言葉であり、決して中国語ではない。なぜ、( )までつけて(中国語)と説明するのか不可解である。

 以上の四つの点を特に、NHKに対して抗議し、訂正を求めます。

        台湾台北市●●●●●段●号●  柯 徳三 ㊞
                        2009/6/15
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 第3回「NHK『JAPANデビュー』に抗議する国民大行動」で採択の抗議文
 本年四月五日に放送された「NHKスペシャルJAPANデビュー」第一回「アジアの!)一等国!)」は、放送法第三条に「報道は事実をまげないですること」「意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること」と定めているにもかかわらず、台湾統治時代の日本が一方的に台湾人を弾圧したとするような視点で番組を制作した。

 これは、日本人に自虐史観を植え付け、良好な日台関係に楔を打ち込もうとする、まさに中国が喜ぶような内容で、視聴者に対する許しがたい背信行為であり、台湾人に対する侮辱行為である。それどころか、取材や編集の過程における「やらせ」取材や歪曲取材、サブリミナル効果などを狙ったとしか考えられない悪質な印象操作編集を行ったことがすでに明らかになっている。

 最近になって、日英博覧会でパイワン族が「人間動物園」の見せ物として展示されたという放送内容について、取材を受けたパイワン族の女性と男性に検証取材したところ、「悲しいね。この出来事の重さ語りきれない」と話した「悲しい」という言葉はパイワン語で「懐かしい」の意味だったことが判明している。NHKから「人間動物園」などという言葉も知らされていないこの女性は、自分の父の写真を見て「懐かしい」と言い、その父が亡くなったことの「重さ」は「語りきれない」と話したのだった。その上、男性が話したとばかり思っていた「悲しいね、語りきれないそうだ。悲しい、この重さね、話しきれないそうだ」という日本語による発言は、この男性ではなく、隣に住む男性の声だったことも明らかになった。これは「やらせ取材」以外の何物でもない。

 このような放送人としてやってはいけない「やらせ取材」に基づいたプロパガンダ番組は、国民の税金と視聴料によって経営されている公共放送として、絶対に許されるものではなく、放送法に抵触する犯罪行為であると言っても過言ではない。

 いかにNHKが無視しようとも、番組に対する批判の方が圧倒的に多いことはNHK自身が証明しているのだ。放送から二ヵ月を過ぎても批判は一向に鎮火せず、むしろ燎原の火のごとく広がり、六十名を超える自民党の国会議員による「公共放送のあり方について
考える議員の会」が設立された。また、番組に出演した台湾の柯徳三氏や藍昭光氏からは署名・捺印した「NHK番組『JAPAN・デビュー』に対する抗議と訂正を求める文書」が提出されてもいる。さらに、六月二十五日にはNHKへの集団訴訟も起こされ、すでに五千名になんなんとする人々が原告となっている。

 これは単なる一番組の偏向問題などではなく、NHK全体に及ぶ放送、制作姿勢の問題である。従って我々はこの問題を公共放送の危機ととらえ、第一弾、第二弾の抗議大行動に引き続き、NHKに対して番組制作責任者の罷免と訂正・謝罪放送、並びにシリーズ「
JAPANデビュー」の制作と放送中止を要求する。国民に対しは、NHKが訂正放送を実施するまで受信料の支払い拒否を呼びかける。また政府に対しては、放送法を改正してNHKとの受信契約を自由契約に切り替えるよう要求する。

 平成二十一年六月二十日

      第三回「NHK『JAPANデビュー』に抗議する国民大行動」参加者一同
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> いまだに続く台湾番組への抗議 NHKは亡国のメディアか? [三河 さつき]
【6月22日 サーチナニュース「コラム」】
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0622&f=column_0622_003.shtml

 東京の大久保にあるお気に入りの台湾家庭料理の店にいったとき、そこで客の台湾人らと昨今の日台関係について議論になった。ある民進党支持者の台湾人企業家はいう。「日本は台湾を見捨てようとしているのか。あの番組をみればそういう気がする」。あの番組とは、NHKのシリーズ「JAPANデビュー」の第一回「アジアの“一等国”」である。

 いまさら説明の必要もないだろうが、台湾が日本統治を受けた歴史のネガティブ面を特集したこの番組は、4月5日の放映日以来、親台湾の日本人や親日本の台湾人から「偏向報道」「捏造報道」「意図的に日台関係を悪化させるために作られた番組」と抗議の声が上
がっている。その抗議の声は日増しに大きくなり、先日は自民党の国会議員ら60人以上があつまって「公共放送のあり方について考える議員の会」も発足。番組が放送法第3条の2(政治的公平、事実をまげない報道など)に違反していないかを検討するという。

 この番組は私も見た。確かにNHKらしい自虐史観が根底にながれ、意図的なインタビューのカットや事実誤認もちらほら。ただ、放送局の編集権の自由を大きく逸脱するほど政治的不公平かというと、このくらいのインタビューの刈り込みや脚色、イデオロギー色
はこれまでのNHK番組にも多々あった。ただ、テーマが台湾であったということが、放送日から2カ月以上もたって今なお激しい抗議の声が上がっているが理由ではないかと思う。

 今、台湾は中国に事実上、併呑されかけている危機的状況が背景にある。親中国の馬英九(=写真)政権になってから、李登輝、陳水扁ら両氏が少しずつはぐくんできた台湾人アイデンティティと独立への期待がみるみるしぼんできた。関税撤廃を軸とした経済協力
枠組み協定(ECFA)が調印されれば経済的にはほとんど統合されるようなものだ。今年8月には、福建省アモイから台湾・金門島までの遠泳大会という平和イベントを理由に、台湾側の軍事防護策が一時撤去されるという。馬総統が2012年に再選されれば、台湾海峡が事実上中国の支配下に置かれる、というのは冗談ではないかもしれない。

 自由と自立を望む台湾人にとっても、日本の安全保障の観点からも、この流れはなんとか食い止めたいのだが、今の米国には中国に抵抗できる余裕がない。せめて日本が台湾との経済的結び付きを強化するなどして、台湾の中国依存に棹さしてほしいと民進党などは
期待している。そういう中でNHKが日本の親台湾世論に冷水をかけたわけだ。

 媚中派と呼ばれるNHKが中国からなんらかの利益供与をうけて、日本人の対台湾世論の操作を請け負った、などと陰謀論を言うつもりはない。しかし台湾については、単に表現の自由で片づけられない、日本の安全保障と台湾の未来という切実な問題が絡むということを知っていてこの番組を作ったなら、「公共放送」の皮を被った亡国のメディアといわれても仕方ないだろう。          (執筆:中国ウォッチャー 三河さつき)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ NHK「JAPANデビュー」問題:抗議先

・NHK「ジャパン・プロジェクト」の濱崎憲一ディレクター
 TEL:03-3465-1111
・NHK視聴者コールセンター
 TEL:0570-066066 FAX:03-5453-4000
 メール:http://www.nhk.or.jp/special/
・NHKスペシャル「感想・問い合わせ」
 https://www.nhk.or.jp/special/contact/index.html
・放送倫理・番組向上機構(BPO)
 TEL:03-5212−7333 FAX:03−5212−7330
 https://www.bpo.gr.jp/audience/send/form.html(ご意見送信フォーム)
・総務省(放送政策課直通)
 TEL:03-5253-5776 FAX:03-5253-5779
 メール:https://www.soumu.go.jp/common/opinions.html
------------------------------------------------------------------------
●日本李登輝友の会にご入会を!─NHK問題を解決するためにも

 NHK「JAPANデビュー」問題が起こってから、日本李登輝友の会に入会される方が増えています。この問題の解決のために本会をご支援いただける方は、ぜひご入会をお願いします。下記の「入会お申し込みフォーム」からですと、手軽にお申し込みでき
 ます。「入会案内」はホームページをご覧ください。   (日本李登輝友の会事務局)

■入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

■入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

●「日台交流基金」にご協力を!

1口=2,000円(5万円以上の篤志者の方には特典があります)

☆郵便局
【加入者名】日本李登輝友の会 【口座番号】00110−4−609117

・通信欄に「基金」とお書き添えください。
・一般の方は、郵便局備え付けの「郵便払込取扱票」をお使いください。
・会員の方は、機関誌『日台共栄』に添付の郵便払込取扱票をお使いください。

☆郵便貯金口座
【記号−番号】10180−95214171 【口座名】日本李登輝友の会

☆銀行
【みずほ銀行】
本郷支店 普通:2750564 日本李登輝友の会事務局長 柚原正敬
【三菱東京UFJ銀行】
本郷支店 普通:0012742 日本李登輝友の会事務局長 柚原正敬
【ゆうちょ銀行】
〇一九(ゼロイチキュウ)店 当座:0609117 ニホンリトウキトモノカイ

*郵便貯金口座と銀行からお振り込みのご注意
・一般の方の場合、振込人名しかわかりませんので、礼状はお出しできないことをご了承
 ください。
・会員の方は、お名前の前に必ず会員番号をご記入ください。
--------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信するメールマガジン。日本李登輝友の会の公式メルマガです。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2009 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
 ■今回の記事はいかがでしたか?
 ┃下記ページより、あなたの評価をつけてください!
 ┗ http://www.melma.com/score_l0b1icojF0m6T3iGb0T2NnMi503273b7/
 ─────────────────────────────────
posted by 親善大使 at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日台共栄より
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30014768

この記事へのトラックバック