2009年10月29日

明日から第12回李登輝学校研修団が訪台 今回も豪華講師陣

10月29日「日台共栄」以下転載-------------------------------------------
>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━【平成21年(2009年) 10月29日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            新しい日台交流にあなたの力を!!
<>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1167]
1>> 明日から第12回李登輝学校研修団が訪台 今回も豪華講師陣
2>>【報告】反応が良かった愛知李登輝友の会の第4回NHK放送法改正街頭署名
3>>【初案内】 味と香りの「日光まいたけ」をどうぞ!【申込締切なし】
4>> やっぱり今年の冬も、台湾ポンカンです!【申込締切:11月27日】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 11月2日(月)、日本李登輝友の会の本部事務所を休みます。
 第12回台湾李登輝学校研修団のため事務所を休みます。ご了承のほどお願いします。

◆ 李登輝元総統「ポストカードセット」のお申し込みフォーム
 http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0058.reg

◆ 李登輝元総統著『「武士道」解題』のお申し込みフォーム
 http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0055.reg

■ 放送法改正で受信契約を自由契約にしよう!!【第2期:8月7日〜10月31日】
 http://www.shomei.tv/project-1228.html

■李登輝元総統の来日や歓迎の模様は写真満載の本会ホームページとブログからどうぞ
・ホームページ:http://www.ritouki.jp/
・2009年 李登輝元総統 訪日特集ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/ritouki2009

■ チャンネル桜 YouTube オフィシャルサイト
 http://jp.youtube.com/user/SakuraSoTV
 *NHK問題などに関するチャンネル桜の動画が全て見られます
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 明日から第12回李登輝学校研修団が訪台 今回も豪華講師陣

 明日10月30日から、第12回目となる「台湾李登輝学校研修団」(参加者39名、高松好夫
団長、藤原一雅副団長)が始まる。11月3日日の最終日には李登輝学校校長でもある李登
輝元総統に特別講義をしていただく。今回も豪華な講師陣だ。すべて日本語でご講義いた
だく。先生方とテーマをご紹介したい。

・10月31日
 鄭清文(作家)「台湾の文学」
 羅福全(元亜東関係協会会長)「世界情勢の中の台湾」
 黄昭堂(台湾独立建国聯盟主席)「馬総統下の台湾の状況」
 呉明義(玉山神学院元院長)「台湾原住民の歴史」

・11月1日 
 林明徳(台湾師範大学教授)「台湾主体性の追及」
 黄天麟(元第一銀行頭取)「台湾の経済とECFA」

・11月3日
 李登輝(元総統・李登輝学校校長) 未定

 李元総統による特別講義のテーマはまだ明かされていないが、いつも期待を裏切らない
講義なので楽しみである。一連の研修修了後、李登輝校長自ら一人ひとりに「修了証」を
授与される。この「修了証」は、日本では本会研修団だけに授与されるものだ。その後、
李登輝校長とご一緒の昼食会も楽しみだ。

 今回の野外視察は、足を延ばし11月1日から1泊で金門島まで行く。福建省のアモイ(厦
門)までわずか2キロという位置にあり、国共内戦時代には建国間もない中華人民共和国
との間で激しい砲撃戦が行われた戦闘最前線の島だ。先般、その60周年の記念式典が行わ
れた。中国が台湾に攻め込んだ唯一の戦闘だったこの「古寧頭の戦い」には旧日本軍幹部
らも作戦指揮として参加していた。式典には、明石元二郎の令孫で、本会前理事の明石元
紹(あかし・もとつぐ)氏や父親が作戦顧問だった吉村勝行氏なども出席した。

 台湾は、今でも台湾を「敵」と公言する中国に傾斜している。いったい台湾の人々はこ
の傾斜をどう見ているのか、日本はどうすべきなのか、そして私たち自身はなにをすべき
なのかを、台湾で改めて振り返る機会にしたいと考えている。帰国後、研修団レポートを
本誌でも掲載する予定だ。

 なお、台湾の天気は、予報によれば、台北は10月31日から小雨がぱらつく天候で、気温
は日中は30度くらいまで上がるようだが、朝晩は13度くらいまで下がるという寒暖の差が
あるようだ。11月2日の金門島は曇りで、気温は16度から26度だという。これは普段より
寒いかもしれない。参加される方は長袖と傘をお忘れなく。        (編集部)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>>【報告】反応が良かった愛知李登輝友の会の第4回NHK放送法改正街頭署名

■動画:NHK・JAPANデビュー捏造問題・街宣署名(李登輝友の会・愛知21年10/25)
 http://www.youtube.com/watch?v=K1oy4yXVCmY

■写真:第4回NHK放送法改正街頭署名報告
 http://www.ritouki-aichi.com/katsudou_091025shomei_houkoku.html

 10月25日(日)名古屋市栄にて偏向番組を配信するNHKに対する抗議行動「受信料を
強制から自由契約とする」放送法改正街頭署名を行ないました。

 本テーマとしては、4回目となる街頭活動。昨年からはじめた「正名運動」と署名数で
比較するとネットでは多いが、街頭は比例しない傾向にある。単にNHKに受信料を払い
たくないのと意味が違うことを、街頭で伝えるのは思ったより技術を要すると感じたこと
から、今回は歪曲・捏造そして隠蔽工作を行ったNHK批判を前面に出し、今まで署名を
お願いする立場として低姿勢で行ってきたことを幾分か改めることにしたところ、歩行者
の反応は今までにないくらいの良い反応が得られた。

 署名数は、約2時間で110筆。勿論、署名してくださった方達には格別なる感謝の気持ち
であるが、そうで無い方達も興味を持っていただいたりして街頭活動の手応えは十分ある
ものであった。

 正直「JAPANデビュー」を知らない人が全体の中では多い。だからこそ「そんなこ
とがあったんですか」「それはひどい」と新たにNHK批判の理解者が開拓できた感じで
ある。

 NHKは、はじめの嘘を隠すために隠蔽工作をしなければなくなり、また、それが発覚
する。自ら招いた結果である。NHKは時間が経てば収まるつもりでいたのだろうが、逆
にこの問題を知らなかった人たちにNHKの問題点を知らしめる材料をNHK自ら作り出
しているわけだ。

 今年5月から展開している抗議行動であるが、マスコミも取り上げるようになり当初か
ら思えば、一般の人たちからの理解が得られやすくなったことを感じる今回の街頭活動で
あった。

 日程が急であったにもかかわらず3名が新たに参加してくださり、計10名が積極的に通
行人へ声を掛けてくださいました。ご署名をしてくださった方々、ご協力をしてくださっ
たスタッフの皆さん。本当に有難うございました。次回も頑張りましょう。

                     (愛知李登輝友の会事務局長 渡辺 裕一)

■日本李登輝友の会愛知県支部(重冨亮支部長)
 〒465-0024 名古屋市名東区本郷2-96-302号 渡辺裕一事務所気付
 TEL:052−760−1556 FAX:052−760−1557
 E-mail:info@ritouki-aichi.com
 ホームページ:http://www.ritouki-aichi.com/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>>【初案内】 味と香りの「日光まいたけ」をどうぞ!【申込締切なし】

*昨日、本会のFAX番号を03-3868-2111としましたが、03-3868-2101です。

 日本のきのこを代表するものの一つに「まいたけ」があります。日光明治の館グループ
が栽培する「日光まいたけ」は、無農薬栽培の特殊製法で一株一株ていねいに栽培されて
います。最大の特徴は、仕上げの段階で太陽の光をしっかり吸収させること。これによっ
て、茎の太さ、弾力性、香りなど、すべてにおいて他に類を見ない、歯ごたえのあるしっ
かりとした「日光まいたけ」となります。

 このような「日光まいたけ」ですので、今年から新たにご案内いたします。ご自宅で召
し上がるだけでなく、お歳暮などの贈答用としても最適です。栽培している日光総業から
クール便にてお届けいたします。

 平成21年(2009年)10月吉日

                                日本李登輝友の会

■本会ホームページでも案内(お申し込み書もダウンロードできます)
 ホームページ:http://www.ritouki.jp/news/distribution/2009-maitake.html

■お申込者とお届け先が同じ場合は、こちらのお申し込みフォームからどうぞ。
 http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0057.reg
------------------------------------------------------------------------------

1、商品の種類と価格

 1株入り箱=1,260円[税込み・送料別]
 2株入り箱=2,100円[税込み・送料別]
 *2箱以上をご希望の方はご相談ください。

2、お申し込みとお支払い(前金制)

 *お申し込み書に必要事項をご記入いただき、FAXでお申し込みください。
 ・お申し込み者の方やお届け先氏名には必ず振り仮名をお願いします。

 *同時に、下記の郵便貯金口座もしくは銀行口座までご入金ください
 ・振込手数料はご負担願います。

 *FAX送信先 03−3868−2101(日本李登輝友の会)

 *お支払先【代金前払い制】
 ・郵便貯金口座
  記号−番号 10180−95214171 日本李登輝友の会

 ・銀行口座
  みずほ銀行本郷支店 普通預金 2750564
  日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
  (ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

3.お申し込みの締切と発送

 *締切はありません。いつでも扱っています。

 *お申し込みいただきましたら、約2週間後にお届けの予定です。配達指定日がありま
  したら、その旨をお書き添えください。

 *「のし紙」をご希望の方はお選びください。

4、協力・配送 日光総業(株) 明治の館

5、送 料

 *「お申し込み書」に送料をお書き込みください。

  北海道・九州  1,365円
  沖縄      1,470円
  上記以外の地域   900円

■お問い合せ
 日本李登輝友の会[担当:片木]
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
 E-mail:info@ritouki.jp
 ホームページ:http://www.ritouki.jp/
 【月〜金、10:00〜17:00 土・日・祝日は休み】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4>> やっぱり今年の冬も、台湾ポンカンです!【申込締切:11月27日】
   5kgと3kgの2種類を特製化粧箱に入れて送付【代金前払い制・FAX申込み】

*昨日、本会のFAX番号を03-3868-2111としましたが、03-3868-2101です。

 台湾の冬の果物、といえばポンカンです。日本李登輝友の会では毎年好評につき今年も
ご案内いたします。

 今年のポンカンも、産地を台中県石岡郷、東勢鎮、和平郷に特定、糖度11度以上で大き
さも揃った特選品ですので、ご自宅で召し上がるだけでなく、お歳暮などの贈答品にも最
適です。

 今年の特選ポンカンは、5kg(目安20〜24個入)と、3!)(目安12〜15個入)の2種類
をご用意し、特製の化粧箱に入れてお送りします。

 なお、全ての商品は台湾から直輸入し、台湾物産館(池栄青果)において厳格に検品を
行う都合上、11月27日(金)までの期間限定とさせていただきます。

 平成21年(2009年)10月吉日

                                日本李登輝友の会

■本会ホームページでも案内(お申し込み書もダウンロードできます)
 ホームページ:http://www.ritouki.jp/news/distribution/2009-ponkan.html

■お申込者とお届け先が同じ場合は、こちらのお申し込みフォームからどうぞ。
 http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0056.reg
------------------------------------------------------------------------------

1.商品の種類と価格

 *5kg(目安20〜24個)=3,800円(税・送料込み)
 *3!)(目安12〜15個)=2,800円(税・送料込み)

2.お申し込みとお支払い(前金制)

 *お申し込み書に必要事項をご記入いただき、FAXでお申し込みください。
 ・お申し込み者の方やお届け先氏名には必ず振り仮名をお願いします。

 *同時に、下記の郵便貯金口座もしくは銀行口座までご入金ください
 ・振込手数料はご負担願います。

 *FAX送信先 03−3868−2101(日本李登輝友の会)

 *お支払先【代金前払い制】
 ・郵便貯金口座
  記号−番号 10180−95214171 日本李登輝友の会

 ・銀行口座
  みずほ銀行本郷支店 普通預金 2750564
  日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
  (ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

3.お申し込みの締切と発送

 *11月27日(金)をもって締切といたします(数量に限りありますので、完売時はご容
  赦ください)。

 *ご入金が確認できましたら、12月10日以降25日頃までに、随時発送させていただき
  ます。

 *配達指定日がございましたら、その旨をお書き添えください。

 *のしは「お歳暮」しかご用意しておりません。

4.輸入・協力 池栄青果(株) 台湾物産館

■お問い合せ
 日本李登輝友の会[担当:片木]
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
 E-mail:info@ritouki.jp
 ホームページ:http://www.ritouki.jp/
 【月〜金、10:00〜17:00 土・日・祝日は休み】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●台湾の台風被害【八八水害】に対する「お見舞い募金」お振り込み先

・お見舞い募金は「お志」ですので、いくらでも結構です。
・礼状はお出しできませんことをご了承のほどお願いします。

☆郵便局 加入者名:日本李登輝友の会 口座番号:00110−4−609117
・通信欄に「台湾」「お見舞い」「水害」などとお書き添えください。
・一般の方は郵便局備え付けの「郵便払込取扱票」を、会員の方は、機関誌『日台共栄』
 に添付の郵便払込取扱票をお使いください。

☆銀 行 三菱東京UFJ銀行
 本郷支店 普通:0012742 日本李登輝友の会事務局長 柚原正敬
 (ニホンリトウキトモノカイジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

*お蔭様で10月23日現在、募金総額は923万1798円となりました。眞多謝!
*お見舞い募金は10月末で締め切らせていただきます。
*この義捐金は、台湾李登輝之友会(蔡焜燦理事長)を通じて、被害のひどかった高雄県、
 屏東県、台南県、台東県、嘉義県、南投県にお贈りする予定です。
--------------------------------------------------------------------------------
■「撃論ムック」(「NHKの正体」大特集号)
 http://www.ritouki.jp:80/cgi-bin/enquete/form0050.reg
 *定価:1,200円(送料:160円)*代金:後払い

■ NHK「JAPANデビュー」問題:抗議先

・NHK「ジャパン・プロジェクト」の濱崎憲一ディレクター
 TEL:03-3465-1111
・NHK視聴者コールセンター
 TEL:0570-066066 FAX:03-5453-4000
 メール:http://www.nhk.or.jp/special/
--------------------------------------------------------------------------------
●日本李登輝友の会にご入会を!−NHK問題を解決するために

 文化交流を主とした「日本の生命線」台湾との交流を深める本会活動にご参加いただけ
 る方は、ぜひご入会をお願いします。下記の「入会お申し込みフォーム」からですと、
 簡単お手軽にお申し込みできます。          (日本李登輝友の会事務局)

■入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

■入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
--------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信するメールマガジン。日本李登輝友の会の公式メルマガです。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2009 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan
posted by 親善大使 at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日台共栄より
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33263664

この記事へのトラックバック