2011年10月29日

11月11日、芝山巌・六士先生の1人「関口長太郎先生のご生誕を祝う会」を初開催

ritouki.jpg
>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━【平成23年(2011年)10月29日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1440]
1>> 11月11日、芝山巌・六士先生の1人「関口長太郎先生のご生誕を祝う会」を初開催
2>> 11月23日、京都で「歴史に消えた唱歌」コンサート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ 11月23日「第7回台湾出身戦歿者慰霊祭」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0103.reg

● 伊藤哲夫著『教育勅語の真実』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0102.reg
  *内容紹介は本会HP:http://www.ritouki.jp/

◆【ネット署名】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!【締切:2012年1月末】
  http://www.shomei.tv/project-1796.html
  *署名数:2011人(10月29日)
  *法務大臣が交替(江田五月→平岡秀夫)しましたが、署名は有効です。

◆ 台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.ritouki.jp/suggest/koseki.html
  *署名用紙やアピールチラシもダウンロードできます。

● 「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0097.reg

● 『総統選挙・立法委員選挙見学ツアー』お申し込み【締切:12月初旬】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0094.reg

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 11月11日、芝山巌・六士先生の1人「関口長太郎先生のご生誕を祝う会」を初開催
   身を捨てて台湾精神をそだてた郷土の偉人・至高の教育者

 台湾・芝山巌(しざんがん)教育に身を投じ、匪賊に殺害された六氏先生のお1人、関口
長太郎先生は、初代西尾小学校校長でもあります。

 日清戦争後、台湾教育を託された伊沢修二先生の選任で全国から選ばれた関口先生ら6名
は、渡台後、台北より北12キロの地にある景勝地、芝山巌にて寺子屋方式の教育を始めら
れました。

 明治29年、正月1日に暴徒により悲惨な死を迎えますが、六氏先生の志は台湾全土に育っ
ています。今回の東日本大震災時においても台湾から200億円を越す募金が集まるほど、親
日的な国として台湾があるのもけっして無縁ではありません。

 関口先生のご生誕は今から152年前、幕末安政6(1859)年11月11日のことです。生命以
上の価値としての教育を身をもってお示しくださった先生の精神は今の世に、今の日本に
こそ必要なものであると確信いたします。

                       記

◆日 時:平成23年11月11日(金)11時45分集合 式典開始:正午(終了:1時予定)

◆場 所:関口長太郎先生石碑前
       愛知県西尾市 西尾城公園東端 西尾小学校西隣

◆内 容:式典及び会食
      *希望者はその後墓のお参り

◆参加費:無料

◆主 催:愛知の教育を考える会

◆連絡先:電話 0564(54)8055
     携帯 090・8554・0817(杉田謙一)

-----------------------------------------------------------------
台湾教育 芝山巌教育の烈士をおもう

                       愛知の教育を考える会  杉田 謙一

 文部省学務部長心得であった伊沢修二(元愛知師範学長)は、初代の台湾総督の樺山資
紀に、教育を最優先すべきと具申し、七人の志ある人材を連れて台湾にわたった。楫取(か
とり)道明、関口長太郎、中島長吉、桂金太郎、井原順之助、平井数馬氏である。先生達
は、台北市内、士林の芝山巌に学校を開設し教育をはじめた。この六名が非命に倒れられ
たのである。

 このような六先生の教育に対する情熱、精神は多くの人々に感銘を与え、その精神は「芝
山巌精神」と称され、人々の間に語り継がれるようになった。台湾では。残念ながら郷土
ではそのご業績がまったく語られていない。それが悲しい。

 なくなられた直後には碑文を立ててその業績を教師がたたえてきたが、わたしが探し当
てた昨年には、碑文もコケでほとんど読めない状態でした。それをきれいに整え、時折掃
除して来ました。市に応援を頼みましたが否決されました。以下そのときの陳情書です。

----------------------------------------------------------------
台湾芝山巌教育の先駆者 関口長太郎先生ご生誕150年を祝い慰霊顕彰の記念行事開催の陳
情書

                                 平成22年5月21日

西尾市議会
 議長 杉崎眞一郎 様

                           (陳情者)岡崎市上和田町
                                   杉田 謙一
(陳情の要旨)

 西尾小初代校長関口長太郎先生の台湾芝山巌教育のご業績を将来にわたってたたえ、伝
えるために、市および教育委員会としてご業績顕彰の取り組みをされることを陳情いたし
ます。

(陳情の理由)

 文部省学務部長心得であった伊沢修二(元愛知師範学長)は、初代の台湾総督の樺山資
紀に、教育を最優先すべきと具申し、七人の志ある人材を連れて台湾にわたった。楫取(か
とり)道明(吉田松蔭の甥)、関口長太郎、中島長吉、桂金太郎、井原順之助、平井数馬
各氏であります。先生達は、台北市内、士林の芝山巌に学校を開設し教育をはじめた。こ
の六名が非命に倒れられたのです。明治29年元旦のこと。

 このような六先生の教育に対する情熱、精神は多くの人々に感銘を与え、その精神は「芝
山巌精神」と称され、台湾の人々の間に語り継がれるようになっている。

 残念ながら郷土西尾市ではその先生のご業績がほとんど語られていません。

 昭和5年には台湾に芝山巌神社が創建され、六氏先生をはじめとして、台湾教育に殉じた
人々が、昭和8年までに330人祀られた。そのうち、台湾人教育者は24人を数えた。また、「六
氏先生の歌」がつくられ、時の首相、伊藤博文揮毫による「学務官僚遭難之碑」も建てら
れるなど、六氏先生の精神は台湾の学校教育の原点となっていったのである。

 ところが、戦後、台湾に乗り込んできた国民党は、神社、石碑、日本人の墓を次々と破
壊、この碑も倒され、そのまま野ざらしにされた。

 しかし、李登輝政権の誕生、陳水扁台北市長の誕生と、一連の台湾民主化の動きが進む
中で、六氏先生の精神を復権する動きも高まり、芝山巌学堂が開かれて満百年にあたる平
成7年には、芝山巌学堂の後身である士林国民小学校で、日本からも多くの卒業生、遺族、
教育関係者を迎え、開校百年記念祝賀式典が盛大に開かれた。

 また同年1月1日には、同小学校卒業生有志によって、「六氏先生の墓」が新たに建て直
され、その後さらに「学務官僚遭難之碑」も再び建て直された。 墓標の右側に「一八九
六年卒」と没年を、左側には建立者の名前として「一九九五年一月一日壱百周年紀念士林
国小校友会重修」と記されている。

 本年は先生のご生誕150年の記念すべき年であります。ぜひこの年を機に西尾市民の誇り
としての先生の顕彰をおこなっていただきたい。

-----------------------------------------------------------------

 関口家は跡継ぎもなく、お墓もやっと見つけましたが、朽ち果てる寸前。無縁仏の塚に
入れると住職が言って見えましたので、何とかしたいものです。

 11月11日が先生のお誕生日ですので、今年から祭礼を行なうことにいたしました。もし
近くでご参加いただける方が見えましたらお越しください。また、他の諸先生のことが分
かりましたら資料をいただければ幸いです。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 11月23日、京都で「歴史に消えた唱歌」コンサート

 未曾有の大災害に見舞われた東日本、私達は今改めて自然の猛威の中に命のはかなさを
再認識させられました。追い打ちをかけて起きた原発事故は未だに収束する事もできませ
ん。

 この世の終わり、命も極まったか、と心底思った人も多いのではないでしょうか、身に
つまされる日々です。

 つい最近まで、無縁社会、孤独死虐待の事件に心を凍らせていた日常は災禍にあって今
一度、私達に他者を思いやり、温かな心をもって暮らすことの大切さを教えてくれました。

 さりとて、この時になっても私達の社会からは未だに虐待は無くなっては居ません。又、
災害で親を失った子供達の未来を考えれば胸のつぶれる思いです。

 再度幼い命への思いやりを大人の一人一人が考え、ぬくもりを伝える社会にしていか
なくては、と思います。

 言葉や歌は大きな力を持ちます。

 歌に込められた思いが心に届くからに違いありません。

 湯川れい子さんの講演と日本の童謡、唱歌、子守唄を聴いていただく時間でどうぞ安ら
ぎのひとときを味わっていただきたいとご案内申しあげます。

*参加ご希望の方は、日本子守唄協会までメール・FAX・お電話にてお申込みください
 ますようお願いします。

◆開催日:平成23年11月23日(水・祝) 開場 13:00 開演 13:30 終演 16:00

◆場 所:京都堀川音楽高等学校 音楽ホール
      http://www.edu.city.kyoto.jp/hp/ongaku/

◆入 場:無料ご招待(全席自由)

◆出 演:西舘 好子(日本子守唄協会代表)
      湯川 れい子(作詞家)
     喜多 由浩(ジャーナリスト)
川口 京子(歌手)
長谷川 芙佐子(ピアニスト)

◆主 催:NPO法人日本子守唄協会

◆共 催:京都市・京都市教育委員会(予定)

◆協 賛:京都華頂ライオンズクラブ

◆後 援:産経新聞社・社団法人日本民族音楽協会
*この公演は競輪の補助金を受けて開催します。

◆お申込・お問い合わせ:NPO法人日本子守唄協会
〒111-0053東京都台東区浅草橋1-33-6-303
TEL:O3-3861-9417 FAX:O3-3861-9418
E-mail info@komoriuta.jp URL http://www.komoriuta.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0095.reg

● 野口健講演「台湾からの再出発」DVDお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0088.reg

● 映画「海角七号」DVDお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0069.reg

● 映画「台湾人生」DVDお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0064.reg

● 増補改訂版 『台湾史小事典』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0076.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 日本李登輝友の会「入会のご案内」
  文化交流を主とした「日本の生命線」台湾との交流を深める本会活動にご参加いただ
  ける方は、ご入会を! 下記の「入会お申し込みフォーム」からですと、お手軽にお
  申し込みできます。                    (日本李登輝友の会事務局)

■ 入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg
■ 入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
-------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガです。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan


posted by 親善大使 at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日台共栄より
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49523190

この記事へのトラックバック