2012年01月18日

総統選後は日台「友情連帯」で中共打倒の「情報戦争」を仕掛けたい

taiwan_kenkyu_forum_image.jpg
*************************************************************************
        
          メルマガ版「台湾は日本の生命線!」

中国の軍拡目標はアジア太平洋での覇権確立。そしてその第一段階が台湾併呑。
もしこの島が「中国の不沈空母」と化せば日本は・・・。中国膨張主義に目を向けよ!

ブログ「台湾は日本の生命線!」 http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/

*************************************************************************
総統選後は日台「友情連帯」で中共打倒の「情報戦争」を仕掛けたい

ブログでは関連写真も↓
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-1751.html

一月十四日、台湾の総統選挙と立法院選挙では、国民党が民進党に打ち勝ったが、これにはさぞ中共も満足であるに違いない。

それは当然だろう。「民進党が政権を握れば、中国は喜ばず、経済貿易交流は後退し、台湾経済には大きなマイナスであるばかりか、台湾海峡の緊張が高まり、平和と安定が損なわれ、国際社会もそれを望まないだろう」といった国共両党が仕組んだ洗脳宣伝が大きく功を奏したからだ。

中国国営の新華社が翌十五日に配信した社説も、いつになくとてもウキウキとした書き方だ。「九二年合意」が台湾の有権者に受け入れられたと、何度も得意げに強調している。

たとえば、「この四年近く、両岸は『台湾独立』に反対し、『九二年合意』を堅持する政治的相互信頼を確立し、…両岸関係の平和的発展は島内(※台湾国内を指す)主流民意の普遍的支持を獲得し、国際社会の幅広い賛同を受けた」というようにだ。

この「九二年合意」なるものは、「一つの中国」(台湾は中国の不可分の一部)の原則で合意したというもの。国民党の総統候補で現職の馬英九氏は選挙中、この「合意」に基づいた従来の対中関係の改善政策を実績として宣伝していた。

中共は台湾併呑という政権の存続を掛けた国家戦略を正当化し、それに対する外国からの妨害を防ぐため、この「一つの中国」原則を宣伝してきた。

一方国民党がこれを受け入れるのは、在台中国人勢力が主導する同党にとっては、台頭する台湾人勢力によって中国と無関係の台湾人国家が作られるなら、たとえ中共の付庸となってでも、台湾人を抑えたいとの思いなどからだ。

しかし台湾は中国の領土などではなく、「一つの中国」などは虚構にすぎない。

そしてしかもそもそも、「九二年合意」にしても、そのようなものは存在していない。国民党が勝手にでっち上げ、それに中共話をすり合わせているだけなのだ(それぞれの話の内容は少し違いがあるが)。

だから民進党の総統候補、蔡英文氏は「九二年合意」を否定していたのだが、これについて社説は。「蔡英文は再三にわたって『九二年合意』を否定し、『一辺一国』(※台湾と中国は別々の国の意)との分裂主義の立場を捨てようとしなかった。そのため、支持の声は高まりながらも、民衆の猜疑心や不安を取り除くことに失敗し、当選しなかった」などと書き立てるのである。

だが、いくら「九二年合意」を掲げる馬英九氏が当選したからといって、何も台湾の有権者たちが中国と「一つ」になることを望んでいるわけではない。むしろ多くは「現状維持」を望んでいるとされるように、「一辺一国」という「現状」を守りたいと思っている。

ただ「両岸関係の平和的発展」が台湾国民の「主流民意の普遍的支持を獲得」したと社説が強調するように、台湾人が何より望むのは中国との間の「平和」なのだ。つまり、国際社会で孤立無援の状況に追い詰められるなか、中国の侵略、占領だけを恐れ、上述した国共両党の洗脳宣伝をも受けながら、多くの有権者は国民党の掲げる対中関係「改善」の政策に、大きな期待を寄せるに至っているのである。

だが、こうした選択は誤りだとは言えないだろうか。有権者は中共(あるいはその傀儡である国民党)の宣伝に引っ掛かったわけだが、その中共が目指すものは何かといえば、それはあくまでも台湾の併呑だからである。

だから、民進党支持者たちは今回の選挙結果を見て、自国の行く末を心配し、恐怖心に駆られている。日本国民もまた、同じ思いを抱くべきだろう。それは言うまでもなく台湾の危機は日本の国家的危機に直結するからだ。

そうした情勢の中で「頑張れ日本!全国行動委員会」が十四日、都内で「頑張れ民主台湾!東京集会」を開催し、ネット中継で台湾に向け、日本の識者たちが、蔡英文氏の求める「民主台湾」の確立と防衛に支持を力強く表明できたのは、本当に良かった。

たしかにそれからわずか数時間後、蔡英文氏落選の報が届きはしたが、断じて無駄なことではなかった。

それは台湾の人々に、台湾は必ずしも孤立無援である訳ではないとの印象を与えることができたからだ。

今後は同委員会にしても、台湾研究フォーラムなど親台団体にしても、苦境に陥る台湾の人々との連帯アピールを強化する方向だ。

これは当然である。このままでは台湾だけではなく、日本も心配だからだ。

それでは日台民間では、いかなる「共闘」が有効だろうか。

それはやはり国共両党のアキレス腱を攻撃することだろう。つまり「一つの中国」が虚構であることを訴えるのだ。

「台湾は中国の領土ではない。台湾は台湾人の国だ」「『一つの中国』の法的根拠は、日本の一九四五年における中華民国への台湾返還だが、そのような事実は全くない」ということを明らかにすればいいのである。

そしてまずは「一つの中国」を鵜呑みにしている日台両国民に訴える。

そしてそのようにしながら、日台の政府にそれが虚構であることを認めさせる(日本政府は台湾を中国領土と認めていないが、あえてそれを否定することをしない)。

それらと同時に、さらに国際社会にも訴える。中国拡張主義の脅威に直面する民主主義国家の日台国民が「一つの中国」を否定すれば、これまで中共の情報戦により、その宣伝を受け入れて来た各国の政府、世論も目を覚まさざるを得なくなるだろう。

言わば中国の「嘘」に基づく情報戦に対する、「真実」の情報戦なのである。

そしてこれが目指すは、中共の台湾統一の動きは、断じて国際社会が干渉してはならない中国の内政問題ではなく、逆に抑止、阻止するべき中国の不法な侵略行為であるとの認識の下、台湾問題を国際社会の監視下に置くことだ。

また、こうした日台の行動は、中共の膨張を阻止する「自由と繁栄の孤」「反侵略の孤」の雛型を作り出す契機になるかもしれない。

社説は「しかし、台湾の情勢は依然として複雑で、『台湾独立』勢力はなお両岸関係の発展を妨害する可能性がある」との懸念も書いている。実はこの「勢力」、つまり中国による併呑に反対の声を上げる勇気ある台湾国民と、日本国民との連帯こそ、中共が早くから恐れて来たものなのだ。

だから中共はこれまで一貫して、日本に向けた「一つの中国」宣伝に力を入れて来たわけである。

社説は最後に、「共同で中華民族の偉大なる復興を促進しよう」と台湾側にアピールしているが、言うまでもなく台中間の友情より、日台間の友情の方が、比べ物にならないほど、はるかに強い。

「頑張れ!民主台湾」の集会でも何度も強調されたように、東日本大震災の被災地に対して見せてくれた台湾側の思い、そしてそれに感動し感謝した日本側の情感は、お互いの強い信頼感に基づく真の友情だった。

台湾を奪おうとする中共の台湾取り込みの下心が友情だろうか。中共の恫喝に脅えながらも、台湾人の台頭を恐れ、それにすり寄る国民党やその支持者たちの卑屈な根性が友情だろうか。

私は日本側さえ立ち上がれば、台湾国民も立ち上がるとい思う。なぜなら両者は本当に、いつでも「仲良し」になれる間柄だからだ。

「仲良し」通しなら、夢と希望を抱きながら、国共両党という邪悪勢力への反撃に立ち向かえるのではないだろうか。

台湾では「選挙」はすでに国共の道具。それならばそれとは少し次元の異なる民間運動体を作ってはどうだろうか、と台湾の人々に伝えたい。

中共政権を支える柱の一本は、まさに「一つの中国」のような暴力正当化の「宣伝」だから、実に破壊し甲斐がある。

*************************************************************************

メルマガ版「台湾は日本の生命線!」

登録・バックナンバー
http://www.melma.com/backnumber_174014/ 

発行 永山英樹(台湾研究フォーラム)

運動拡大のため転載自由 

ご意見等: mamoretaiwan@gmail.com 


━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━


AFPBB NEWS>>台湾総統選、馬英九氏が再選>>>


posted by 親善大使 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53161747

この記事へのトラックバック