2012年09月01日

【知道中国 767回】「龍陵抗戦記念広場修建碑」が語る龍陵の役割

<樋泉克夫愛知大学教授コラム>
chido_chugoku_image.jpg 

【知道中国 767回】             一ニ・六・念一

   ――「龍陵抗戦記念広場修建碑」が語る龍 陵の役割

龍陵の街の中央部に「龍陵抗戦記念広場」があ る。日本軍が備えた鉄筋コンク
リート製のトーチカが、メインストリートに面した広場の真ん中辺に「日軍罪状
遺跡」として 晒されている。それを除いたら、これといって特徴のない小さな
広場だ。

その広場の一角に、文字の刻まれた巾30cm、高さ2.5mほどの石の板を貼り付け
たコンクリート製の壁のようなものが立っていた。最初の1枚には大きく「龍陵
抗戦 記念広場修建碑記」と刻まれている。壁の前と後を合わせて20枚ほど。1
枚に縦1行30文字で4行ずつの碑文が続いてい る。

「龍陵は祖国西南の辺境、怒江と龍川の間に位置 し、隣国ミャンマーの果敢県
とは川を挟んで互いに望める。歴史古く麗しい辺境の地には漢族、イ族、リス
族、タイ族、ア チャン族など27万の各民族同胞が暮ら す。龍陵は古くから西南
シルクロードの重要な要衝であり、抗戦時に建設され県境を貫く滇緬公路(現在
の三二〇国道)はミャン マー、タイ、南洋に結ばれる国 際通路の要道であり、
西南の国防上の要だ」と書き出された文章は、共産党中央の的確な指導、龍陵地
方幹部による知略の限りを 尽くした巧妙な作戦、末端党員 の犠牲を恐れない戦
闘があったればこそ日本軍との戦闘に赫々たる戦果を挙げたという“自慢話”が
延々と続くが、どれをとって もウソ、デッチアゲに近いだけ にダラダラと長文
になってしまうのは致し方がなさそうだ。ウソにウソを重ねれば、そうならざる
を得ない。

碑文中の果敢県とは、明代に移住して以来、ミャ ンマー東北部に住み続ける漢
族の末裔が居住する地域を指す。彼らはミャンマー中央政府軍と衝突を繰り返し
ている(【知道 中国 273回】参照)。近年、同地 への漢族の新規流入もみら
れるとの報告があるが、この碑文を読み進む限り、異国のミャンマーであるにも
かかわらず、果敢県も 同じく漢族の末裔が住んでいる のだからという理由で、
自らの領域と看做していると受け取れるから身勝手が過ぎる。西南シルクロード
はインド洋を越えミャン マーから雲南を経由するルート だが、これ以外に砂漠
を越える陸のシルクロード、インド洋を横切りマレー半島を迂回し南シナ海を経
て福建の泉州に到る海のシ ルクロード――シルクロードは3ルートあったとしてい
る。

碑 文をメモしていると物珍しそうに老人が近寄ってきた。暫し筆を止めて立ち
話。愛国教育基地を回っている日本人だと名乗る と、「愛国教育基地。そりゃ
あ、な んだい」。そこで愛国教育基地のゴ説明を。「フーン、そういうもんか
い」。碑文の内容について尋ねると、「誰も読まん ヨ」と、たったの一言。

この冗長な碑文の最後は「中共龍陵県委員会、龍 陵県人民政府 二〇〇四年十
一月」で終わっているが、やはり注目すべきは「二〇〇四年十一月」だろう。こ
こだけではない が、芒市に到着してから回った各地で目にした「抗日」関連施
設や記念碑はほぼ例外なく2004、5年以降、つまり胡錦濤政 権になってから整
備・建設されているように思える。

愛国主義教育基地建設に象徴されるように、一般 には反日教育は90年代以降の
江沢民政権に よって徹底・強化されたと伝えられているが、芒市、畹町、瑞
麗、拉孟、恵通橋、龍陵で接した限り、この一帯における「抗日」 を掲げる施
設や建造物は胡錦濤 政権以後のものが圧倒的だった。わずか数日の経験からの
判断だが、同政権は国境を越えた南の地域とより緊密な一体化を進める ことで
滇西地方、つまり雲南省 西部における経済開発を目指しているようだ。国境を
越えた広い地域の一体化には「抗日戦争」を持ち出すのが得策という考えだ ろ
う。龍陵で宿泊した龍陵賓館 別館食堂の壁が、そのことを物語っていた。《QED》
posted by 親善大使 at 23:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 樋泉です。
この記事へのコメント
Innovative new men Guide Reveal Proven Methods To Rule The men Arena
アディダス アディゼロ http://www.artkasdesign.com
Posted by アディダス アディゼロ at 2013年12月21日 07:16
Professional Who Was Afraid Of men.
ナイキ スニーカー http://www.sportsfantalking.com/ナイキ-nike-japan-29.html
Posted by ナイキ スニーカー at 2013年12月21日 07:16
Posted by yregrlkvf at 2013年12月21日 07:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57938774

この記事へのトラックバック