2012年12月27日

李登輝元総統が「SAPIO」で日本の対中・対米外交の要諦と対応策を表明

ritouki.jpg
>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成24(2012)年12月23日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1759]
1>> 李登輝元総統が「SAPIO」で日本の対中・対米外交の要諦と対応策を表明
2>> 李登輝民主協会が李登輝元総統などを招聘して「土地と政治学術シンポジウム」
3>> 本日の「日台共栄の夕べ」に李登輝元総統から祝辞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 祝 天長節 今上陛下のご誕辰を心からお祝い申し上げます。

◆【ネット署名(第6期)】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.shomei.tv/project-1988.html
  *第6期ネット署名数:702人(12月23日現在 第5期からの継続署名数)
  *第6期署名期間:平成24(2012)年11月1日〜平成25(2013)年1月31日

● 林建良氏新著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』≪特別頒価≫ お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0136.reg

● 中嶋嶺雄氏を講師に「平成24年 日台共栄の夕べ」【12月23日】お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0127.reg● 日本初上陸!「台湾フルーツビール」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0132.reg
  *現在「台湾ビール」が品切れとなっています。入荷があり次第ご案内します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 李登輝元総統が「SAPIO」で日本の対中・対米外交の要諦と対応策を表明
   今が日本にとっては真の自主独立を勝ち取る絶好のチャンス!

 現在発売中の月刊「SAPIO」1月号(12月10日発売)で、李登輝元総統が「中国の覇
権主義を抑え込み、アジアの安全保障を担う『日本精神』に期待する」と題し、その要諦
と対応策を表明している。

 冒頭、中国の指導者が習近平になったことについて「中国では誰であろうと指導者にな
れば、“中国の指導者”になるだけ」と喝破。その台湾経験から「中国を相手にするに
は、恐れず、怯まず、強い姿勢で臨むことが重要だ」と要諦を披瀝。

 また「中国の太平洋進出戦略は、尖閣の領土化から始まる」と指摘し、日本の有力政治
家からも出ている「共同管理論」を「極めて危険な発想」と切り捨てている。

 さらに、経済的・軍事的に台頭する中国と、経済的に低迷している米国が冷戦に向いつ
つある状況について、李元総統は「今が、むしろ日本にとっては真の自主独立を勝ち取る
絶好のチャンス」と捉え、日本が米国依存を絶つ好機と強調する。

 そこで、日本はアジアの安全保障に責任を果たすことを高く掲げて中国の覇権主義に歯
止めをかけ、米国と対等な関係を作り上げることの重要性を説く。

 では、台湾との関係はどうかというと「再構築」が必要だという。自由・民主の価値観
を共有する台湾との協調がポイントだと説く。

 かなり具体的で説得力に富む提案だ。詳しくは読んでいただくしかないが、安倍内閣の
閣僚には、李登輝元総統からのクリスマスプレゼントの箱をぜひ開けてもらいたいもの
だ。

◆月刊「SAPIO」1月号 世界を見れば日本が見える 歴史を見れば現代がわかる
 http://www.shogakukan.co.jp/magazines/detail/_sbook_1409701113

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 李登輝民主協会が李登輝元総統などを招聘して「土地と政治学術シンポジウム」

 昨日、本会のカウンターパートである李登輝民主協会(蔡焜燦理事長)が台北市内で、
李登輝元総統などをお招きして「土地と政治学術シンポジウム」を開催した。

 その模様を、本会台北事務所の早川友久所長が早速「台北事務所ブログ」でたくさんの
写真とともにレポートしているのでご紹介したい。

 李元総統は少し風邪気味だったというが、いつも通りパワフルな講演だったそうだ。

-----------------------------------------------------------------------------------------
李登輝民主協会主催「土地と政治学術シンポジウム」
【台北事務所ブログ:平成24(2012)年12月22日】
http://twoffice.exblog.jp/19709757/

 本日午前9時から、国立台湾大学社会科学院キャンパスの国際会議場で、李登輝民主協会
主催の「土地と政治学術シンポジウム」(李登輝基金会、台湾教授協会協賛)が開かれま
した。

 徐州路にあるこのキャンパスには、2年前まで法律学院も入っていましたが、現在では公
館のメインキャンパスに移転したため久しぶりの訪問。日本時代、台北高等商業学校の校
舎として作られた赤レンガの趣あるキャンパスです。残る社会科学院も来年夏ごろにはメ
インキャンパスへ移転するということですが、台北市の古蹟に指定されているため、新た
な役割を与えられることになっているそうです。

 朝早いシンポジウムにもかかわらず、李登輝元総統も登場して開幕の挨拶+講演。少し
風邪を召されているようにお見受けしましたが、予定時間を大幅に超える50分の講演をパ
ワフルに終えられました。

 李登輝元総統は講演のなかで、現在の政府は若者の失業問題や給与水準の低下といっ
た、社会の本質的な問題を解決できずにいると批判。経済政策を過度に中国に依存してい
るため、台湾経済の空洞化を引き起こしていると指摘しました。

 また、土地問題に関し、近年政府が進めている土地収用の際、政府と国民が対立する場
面が多いのは、政府による説明不足が原因とし、さらにコミュニケーションを図るべき、
としました。

 さらに、台湾の農業の発展、農村の建設、農民の生活は、台湾省政府主席や総統在任中
から特に関心を払ってきた問題であり、農業政策を考える際、常に農民の福祉を優先させ
てきた、と述べました。

 また、農業こそが立国の基礎であり、台湾の農業問題はこれまでずっと土地問題ととも
に存在してきたもの。現在の政府に対し、土地政策をいかに進めれば農業における労働生
産力を高められるかについて真摯に考えるべき、と要求しました。

 シンポジウムでは、張粲[洪の下に金]・常務理事や張炎憲・台湾教授協会会長、李安[女
尼]・台湾綜合研究院副院長らが登壇、土地収用制作や高砂族の土地問題に関する活発な議
論が午後5時まで交わされました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 本日の「日台共栄の夕べ」に李登輝元総統から祝辞
   大忘年会参加の方にはもれなく「マラサン」をプレゼント!    【当日受付可】

 今上陛下のご誕辰をお祝い申し上げます。この佳日、本会は第10回目となる「日台共栄
の夕べ」を開催します。李登輝元総統から懇篤なご祝辞が届き、第1部で披露します。ま
た、金美齢さんや昨年の「日台共栄の夕べ」でご講演いただいた衆議院議員の小池百合子
さんも駆けつけられます。

 ご案内のように、第1部は国際教養大学学長・理事長の中嶋嶺雄先生による「日台関係と
日中関係」と題した講演会。第2部の「大忘年会」は、小池百合子議員や花田紀凱・月刊
「WiLL」編集長などからのスピーチ、台湾往復チケットや高級ホテル宿泊券や美味しい台
湾名産の果物、20年ものの超高級紹興酒などが当たる、毎年大好評の「お楽しみ抽選会」
も行います。

 また、この「大忘年会」に参加される方には、映画「海角七号」で有名になった台湾の
地酒「マラサン」をもれなくプレゼントします。

 さらに、李登輝元総統と中嶋嶺雄氏の共著『アジアの知略』の英語版『The Wisdom of
Asia』(2012年、国際教養大学出版会刊)や、金美齢さんが「その香り、味わい、後味
は、お茶にうるさいわたくしがどうしても紹介したくなる、どこよりも優れた最高級品」
と絶賛、「金美齢のお茶物語」と命名された烏龍茶のティーバックなどを販売コーナーで
ご案内、そして台湾で大人気の「台湾フルーツビール」の試飲会と販売も行います。

 盛りだくさんの企画をご用意してお待ちしています。まだ少し席に余裕がございます。
当日参加も受け付けています。ふるってご参加を!

                     記

◆日 時 平成24年12月23日(祝・日) 午後3時〜(2時30分開場)

◆会 場 アルカディア市ヶ谷 3階 富士の間
      〒102-0073 東京都千代田区九段北4-2-25 TEL:03-3261-9921
      【交通】JR・地下鉄「市ヶ谷駅」徒歩3分

 第1部:講 演 会 15:00〜16:30
     中嶋嶺雄先生「日台関係と日中関係」

      [なかじま・みねお]国際教養大学理事長・学長
      昭和11(1936)年、長野県松本市生まれ。1960年、東京外国語大学中国科卒、
      1965年、東京大学大学院社会学研究科修了。社会学博士。専門は国際関係
      論・現代中国学・アジア地域研究。東京外国語大学教授・学長を経て現職。
      カリフォルニア大学サンディエゴ校大学院などの客員教授を歴任。平成15年
      度「正論大賞」受賞。現在、社団法人才能教育研究会会長、松本深志高校同
      窓会長などを兼務。主な著書に『なぜ国際教養大学で人材は育つのか』『日
      本人の教養』『学歴革命』ほか多数。

 第2部:大忘年会 17:00〜19:00

◆参加費 会員:8,000円(学生会員:6,000円) 一般:10,000円

      *参加費は第1部・第2部を含みます。第1部のみ参加は1,000円。
      *入会希望者と当日入会者も会員扱いと致します。

◆申込み 申し込みフォーム、メール、FAXで日本李登輝友の会まで
      申し込みフォーム:http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0127.reg
      E-mail:info@ritouki.jp FAX: 03-3868-2101

◆主催・お問い合せ
 日本李登輝友の会[会長 小田村四郎]
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
 E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

-----------------------------------------------------------------------------------------
「平成24年 日台共栄の夕べ」申込書(いずれかに○をつけて下さい)

・ご 氏 名:
・電  話:
・会  籍:会員・一般・入会希望 (いずれかに丸をつけて下さい)
・会員種別:賛助・正・普通・学生 (会員・入会希望者の方は会員種別に丸をつけて下さい)
・講 演 会:ご出席・ご欠席 (いずれかに丸をつけて下さい)
・大忘年会:ご出席・ご欠席 (いずれかに丸をつけて下さい)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 台湾産天然「カラスミ」お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0135.reg

● ボリュームたっぷり「飲茶5袋セット」お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

● 映画『父の初七日』DVD(日本語字幕)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0126.reg

● 盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0122.reg

● 李登輝元総統も激賞の映画『跳舞時代』DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0120.reg

● 『台湾歌壇』(第17集) お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0123.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』(第1号〜第12号)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

 入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
 入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン「日台共栄」

 日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
 の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
 日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
 E-mail:info@ritouki.jp 
 ホームページ:http://www.ritouki.jp/

●事務局:
 午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

 銀行口座
 みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
 日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
 (ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

 郵便振替口座
 加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
 口座番号:0110−4−609117

 郵便貯金口座
 記号−番号:10180−95214171
 加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

 ゆうちょ銀行
 加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
 店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
 *他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan
posted by 親善大使 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日台共栄より
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61075486

この記事へのトラックバック