2014年02月26日

【台湾修学旅行】 岡山学芸館高校が3年連続で台湾へ 李登輝元総統の講演も拝聴

ritouki.jpg
>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成26(2014)年2月23日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2070]
1>> 【台湾修学旅行】 岡山学芸館高校が3年連続で台湾へ 李登輝元総統の講演も拝聴
2>> 3月9日、台湾の日本人留学生が「日台・心の絆─2つの想いはずっと1つ」を開催
3>> 【柚原正敬】馬政権発足から2年〜総括と今後の日台関係[桜H26/2/21]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 李久惟氏講師の青年部講演会(3月15日)お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/quezbqdbobfw

● 李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 台湾飲茶6袋セットや映画セデック・バレDVDなどのお申し込みは本誌下欄から!
 *詳しくはホームページをご覧ください。→ http://www.ritouki.jp/

◆【戸籍署名(第10期)】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
 *第10期署名:2014年1月1日〜3月31日
 *署名用紙とアピールチラシのダウンロードは本会ホームページからお願いします。
  http://www.ritouki.jp/suggest/koseki.html――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 【台湾修学旅行】 岡山学芸館高校が3年連続で台湾へ 李登輝元総統の講演も拝聴

 岡山市内にある私立岡山学芸館高校(森健太郎校長)は昨年3月18日から22日に2年生20名が台湾
に修学旅行を実施。19日に淡水・李登輝基金会において李登輝元総統から「日本の若き龍馬たちへ
──日本はワルくないよ。もっと胸を張って!」と題して講演していただいた。

 この台湾修学旅行を「歴史通」7月号が「高校生が訪ねた台湾」と題してミニ特集を組んで掲載
したことは本誌でもお伝えした。

 今年も3月16日から4泊5日の日程で訪台して台北、台南、高雄を訪れ、訪台中に李登輝元総統の
ご講演を拝聴し、姉妹校を提携している屏東市にある屏栄高級中とも交流する。

 ちなみに、岡山学芸館高校は、森靖喜(もり・やすき)氏が理事長をつとめる森教育学園が運営
し、森氏は学園長も兼任している。森氏は本会理事で、本会岡山県支部(藤原一雅支部長)の顧問
でもある。

 昨年12月には奇美実業創業者の許文龍氏から新渡戸稲造の胸像を寄贈され、岡山学芸館高校と台
湾の絆はますます強くなった。

 台湾への修学旅行は連続するケースが多い。熊本県の大津(おおづ)高校も昨年12月、3年連続
で実施し、東京の麻布高校も2年連続で実施している。高校生たちは修学旅行で八田與一の烏山頭
ダムダムを見学するなどして、日台の目に見えない深い絆に気づいて帰国するケースが多いとい
う。高校生の修学旅行先で台湾が中国を上回ったのも、そのあたりに理由がありそうだ。もっと
も、校長や引率している先生自身が台湾の魅力にはまるケースが多いとも漏れ聞く。

-----------------------------------------------------------------------------------------
日本人の誇り、台湾で感じて 岡山学芸館高が来月訪台
【産経新聞:平成26(2014年2月23日)

■李登輝元総統と面会も

 台湾への研修旅行を実施している岡山学芸館高(岡山市東区)から今年も生徒らが3月、台湾を
訪問して李登輝元総統に面会することとなり22日、同高で結団式が行われた。訪台は今年で3回
目。現地では日本人技師が建設したダムなども訪ねる予定で、同高は「日本人の誇りを生徒に感じ
てほしい」としている。

 訪台するのは1〜3年生29人と保護者ら計46人。3月16日から4泊5日の日程で台北、台南、高雄を
訪れ、「日本李登輝友の会」などの尽力で、李元総統との面会がスケジュールに組み込まれている。

 また、戦前の日本人土木技術者、八田與一氏が昭和5(1930)年に完成させた台湾中部の烏山頭
ダムを見学する。

 この日は学習会も行い、八田氏の功績を描いたアニメ映画を鑑賞、現在も現地で尊敬されている
ことなどを学んだ。滞在中は姉妹校提携した屏東市にある屏栄高級中も訪れる。

 同高の森靖喜学園長は「台湾の近代化に日本が貢献した事実を自分の目で見てほしい。将来のた
め、自分の頭で歴史を考えてもらいたい」。3年続けて参加する3年、海野蛍一君(17)は「帰国し
てからもインターネットで交流してきた。日本を好きだといってくれる台湾の友人ができ、視野が
ずいぶんと広がった」と今年の訪台を楽しみにしていた。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 3月9日、台湾の日本人留学生が「日台・心の絆─2つの想いはずっと1つ」を開催

 皆様、はじめまして。私たち「謝謝台湾活動実行委員会」は台湾にいる日本人留学生が中心と
なって、台湾に感謝の気持ちを伝える活動をしています。2014年3月9日(日)に、『繋がり』を
テーマに「日台・心の絆」イベントを開催致します。

 東日本大震災において、台湾の方々は、自分のことのように日本を心配し、200億円を超える義
援金をはじめ、物資・応援メッセージなど心のこもった支援をして下さいました。この支援に感謝
すべく、私たち実行委員会はこれまで、震災から1年目の2012年3月、翌年3月に「謝謝台湾イベン
ト」を開催してきました。日本人として、台湾が差し伸べてくれた暖かい手にいつまでも感謝し続
けたいと思い、今年も第3回目として謝謝台湾イベントを開催することに致しました。

 私たちは毎年実際に被災地へ行き、自分たちにできることを考え、イベントを企画しています。
2013年12月の訪問では、ある言葉に心を揺さぶられました。

◆忘れて欲しくない

 多くの方々が家族、恋人、友達、家、大切なものをなくされ、今なお不便な生活を強いられてい
ます。<復興>に向けて一歩ずつ前に進んでいますが、心は震災の瞬間に置き去りになったままに
なっています。被災地でたくさんの方からお話を伺い、復興とは人の心がついてきてこそと、私た
ちは感じました。「震災から時間が経ったので、もう復興したのではないか?」その感覚のずれに
対する悲しみが、<忘れて欲しくない>という言葉に込められていました。

 メディアで取り上げられることも徐々に減りつつあり、被災地も一見落ち着いてきているかに見
えます。しかしそれは、復興を意味するのではなく、私たちの被災地への関心が薄れているだけで
はないのでしょうか?

 今回の第3回イベントでは、台湾へ感謝を届けること、そして被災地の現状を伝え、被災地との
『心の絆』を形にしたいと思っています。そしてイベント後、集まった皆さんの熱い気持ちを、私
たち自身で被災地へ届けます。

◆台湾に感謝を 被災地に心の支援を 日台に心の絆を

 今回のイベントは「2つの想いはずっと1つ」のテーマの下、日本から台湾を想う気持ちを届け、
そして台湾からも日本へ想う気持ちを届けたいと活動しております。

 私たちは当日、イベント会場での活動となりますが、是非メディアの皆様のお力をお借りし、1
人でも多くの方々にこの『想い』を届けていただきたく思います。ご協力いただけますようどうぞ
宜しくお願い申し上げます。

 2014年2月吉日

                      謝謝台湾活動実行委員会 実行委員長 小坂賢吾


◆活動概要

・イベントタイトル:「日台・心の絆」〜2つの想いはずっと1つ〜
           (中文) 〜我們的心永遠在一起〜

・活動日時:2014 年3月9日(日) 11:00〜19:00 (台湾現地時間)

・活動場所:淡水觀潮廣場 (淡水藝術工房前)

・主催:謝謝台湾活動実行委員会

・共催:311東北關東大震災在台日本人支援會

・後援:財団法人交流協会台北事務所 台灣日本人会

・特別協力:淡水區公所 Eric Chen 望虹股?有限公司

・特別感謝:日本・台湾でこのイベントの趣旨に賛同し寄付してくださった皆さま

◆趣 旨:

 台湾からの東日本大震災の支援に対する感謝の気持ちを伝える。日台の絆を深める。被災地の現
 状を伝え、台湾から応援のメッセージを送る


◆内 容:

 1 被災地現状報告
   実際に東北を訪問した委員会スタッフによるプレゼンテーション・東北訪問の     際
   にお話を聞かせて頂いた方々の紹介展示・東北紹介展示・ゲストによるプレゼンテーション

 2 台湾への感謝動画放映
   メンバーが自主制作した台湾への感謝動画、東北を中心とした日本の方々が台湾へのメッ
   セージを持った写真のスライド動画の2つを放映

 3 来場者による折鶴日台絆シートの作成
   来場者の方々にメッセージ入りの折り鶴を折っていただき(日本人は感謝の気持ち、台湾人
   からは日本への応援のメッセージ)、1.5m四方のイベントロゴタペストリー数枚にその鶴を
   貼り付け、後日それを被災地へ届ける

 4 浴衣の着付け体験
   日本の多くの方々から融資で提供していただいた浴衣の着付け体験

 5 ステージパフォーマンス
   活動へ賛同下さった方々によるステージパフォーマンス(アコースティックコンサート・お
   笑い・舞踊など)

◆団体概要:

 団体名:謝謝台湾活動実行委員会
 実行委員長:小坂賢吾 (こさか けんご)
 事務局:台北市中山區長春路6號5樓503室
 電話:0955-270-921 (台湾)
 Email:arigatou.taiwan@gmail.com
 HP:https://www.facebook.com/arigatoutaiwan

 尚、引き続き活動へ賛同いただけた方々に協力金のお願いをしております。協力金募集は3月8日
(土)までとなっております。ご賛同よろしくお願いいたします。

◆振込先情報

 (日本)
 常陽銀行(日本)豊里支店(店番号139)
 普通預金
 番号:1256039
 名義:ありがとう台湾 代表 古堅一希(アリガトウ タイワン フルゲン カズキ)

 (台湾)
 台北富邦金華分行
 總分支機構代碼 012−6100
 名義:小坂賢吾
 番號:610168128323

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 【柚原正敬】馬政権発足から2年〜総括と今後の日台関係[桜H26/2/21]

http://youtu.be/J4423PYiD8g

 日本李登輝友の会常務理事の柚原正敬氏をお迎えし、レームダック化しながらも対中融和の姿勢
を貫く馬英九政権下とはいえ、様々な形で進んでいる日台間の連携について、増加傾向にある自治
体間の姉妹提携や、安倍政権による価値観外交と漁業協定、シーレーン防衛における台湾の重要性
などを例に挙げながら、お話しいただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』(会員:1,300円 一般:1,500円)
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』(会員:1,600円 一般:1,750円)
・喜早天海編著『日台の架け橋』(会員:1,100円 一般:1,260円)
・李登輝元総統対談掲載の『月刊「MOKU」9月号』(会員:1,500円 一般:1,700円)
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』(会員:1,500円 一般:1,700円)
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』(会員:1,400円 一般:1,500円)
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』(会員:1,300円 一般:1,400円)
・盧千恵著『フォルモサ便り』』[日文・漢文併載](会員:1,200円 一般:1,500円)
・廖継思著『いつも一年生』(会員:1,000円 一般:1,200円)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』(会員:850円 一般:900円)
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』(会員:1冊=2,000円 一般:2,500円)
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』(会員=1,000円 一般=1,300円)
・李登輝・中嶋嶺雄『The Wisdom of Asia(『アジアの知略』英語版)』(会員:2,200円 一般:2,400円)

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr【携帯用】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za【携帯用】

・『セデック・バレ(豪華版)』(会員:6,500円 一般:7,000円 送料:1枚290円)
・『セデック・バレ(通常版)』(会員:4,700円 一般:5,200円 送料:1枚160円)
・『海角七号 君想う、国境の南』(会員:4,000円 一般:4,500円 送料:1枚160円)
・『台湾人生』(会員:3,150円 一般:3,360円 送料:1枚160円 5枚セット:無料)
・『跳舞時代』(会員:3,500円 一般:3,980円 送料:1枚160円)
・『父の初七日』(会員:3,100円 一般:3,300円 送料:1枚160円)

● 映画「台湾アイデンティティー」全国共通「前売券」お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/u1nyi0fpku01 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/u1nyi0fpku01【携帯用】

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3【携帯用】

・「集団的自衛権の確立と台湾」渡部昇一先生講演録(2013年3月24日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)
・「台湾の将来と日本」中嶋嶺雄先生講演(2003年6月1日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」盧千恵先生講演(2004年12月23日)
・「台湾の現状と日台関係の展望」許世楷先生講演(2005年4月3日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・「二二八記念台湾問題講演会」阮美妹先生・西村眞悟先生講演(2009年2月28日)
・「台湾からの再出発」野口健先生講演(2010年12月23日)

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

・『台湾産うなぎセット』5,250円(税・送料込)
・『台湾飲茶6袋セット』4,200円(税・送料込)
・『台湾産天然カラスミセット』4,200円+送料600円(共に税込)
*同一先へお届けの場合、10枚まで600円
・『パイナップルケーキ』2,300円+送料500円(共に税込)
*同一先へお届けの場合、10箱まで500円

●「台湾フルーツビール・台湾ビール(金牌・瓶)」ご案内
http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-taiwanbeer.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み【PC用】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46
入会お申し込み【携帯用】https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan
posted by 親善大使 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日台共栄より
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/88360086

この記事へのトラックバック