2014年03月21日

台湾の学生らがサービス貿易協定承認手続きの強行採決に反対して立法院占拠!

ritouki.jpg
>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成26(2014)年3月20日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2088]
1>> 台湾の学生らがサービス貿易協定承認手続きの強行採決に反対して立法院占拠!
2>> 絶妙なバランス?  吉村 剛史(産経新聞台北支局長)
3>> 3月30日、大阪・国立民族学博物館で「伝統と創意―台湾における原住民族工芸」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 浅野和生氏と三宅教雄氏のW講師による台湾セミナー(3月29日)お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch 【PC用】

● 第21回「日本李登輝学校台湾研修団」お申し込み【締切:4月8日】
  http://goo.gl/KKnEAO(PC用) http://goo.gl/Nbp23T(携帯用)

● 片倉佳史さんと行く台湾200%満喫の旅vol.7・澎湖諸島お申し込み【締切:3月24日】
  http://goo.gl/rRHJa9(PC用) http://goo.gl/BvihPY(携帯用)● 台湾飲茶6袋セットや映画セデック・バレDVDなどのお申し込みは本誌下欄から!
 *詳しくはホームページをご覧ください。→ http://www.ritouki.jp/

◆【戸籍署名(第10期)】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
 *第10期署名:2014年1月1日〜3月31日
 *署名用紙とアピールチラシのダウンロードは本会ホームページからお願いします。
  http://www.ritouki.jp/suggest/koseki.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 台湾の学生らがサービス貿易協定承認手続きの強行採決に反対して立法院占拠!

 台湾は昨年6月に中国と「サービス貿易協定」を結んだが、中国国民党が立法院における承認手
続きを一方的に進めようとしていることに対し、協定に反対する大学生などが18日夜、立法院の議
場を占拠した。

 台湾の報道によれば、19日も「立法院周辺には今回の行動を支持する人々が詰めかけており、シ
ンガーソングライターの陳明章さんがヒット曲『流浪到淡水』(淡水への旅路)を歌うと、他の賛
同者らとともに大合唱となった。また、午前11時ごろには『フライドチキンの美少女』(鶏排妹)
として知られる萌え系タレントのイリィ(鄭家純)も立法院2階に登場し声援を送った」(中央通
信社)という。

 昨年8月3日、洪仲丘虐待死亡事件(台湾軍の徴兵男性が軍内部での虐待で死亡した事件)を巡っ
て10万人を超える学生らが総統府前で真相究明を訴え、台北市内のデモには映画監督の呉念真氏や
人気歌手ら25万人もが参加したことがあった。

 また半月後の8月18日には、苗栗県政府が強行した土地徴収と土地再開発を巡り、これに反対す
る学生など数千人が総統府前で抗議集会を行い、学生の一部はその夜から内政部の玄関前を占拠し
て翌19日夕刻まで座り込んだことがあった。

 今回は立法院を占拠するまでに発展し、馬英九政権が台湾民衆の意に反する形で進める「傾中政
策」などへの不満がまたもや沸点を超えた形だ。日本メディアで立法院占拠の背景に触れているの
は日経新聞だけのようなので下記に紹介したい。

 映画「KANO」の大ヒットも、馬英九政権への民衆の不満が一因なのかもしれない。

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾、学生が立法院占拠 中国との貿易協定に反対
【日本経済新聞:2014年3月19日】

 台湾と中国が昨年6月に結んだサービス貿易の自由化協定を巡り、台湾で馬英九政権に対する反
発が広がっている。立法院(国会)の委員会で与党・国民党が同協定の審査通過を強行採決したこ
とに抗議する100人以上の学生が18日夜から立法院の議場を占拠した。混乱が長引けば、中台が目
指す自由貿易圏の完成の遅れなどにつながる可能性もある。

 学生は台北市内の立法院のガラス扉を破って議場に突入。食い止めようとした警官隊には負傷者
も出た。学生は19日も議場に居座っている。学生による立法院の占拠は初めてで、共感する学生ら
1000人以上も立法院周辺に集まっている。

 同協定は17日の委員会での審査を経て、4月上旬にも院会(本会議)で承認されるとみられてい
た。最大野党の民進党が委員会での強行採決を強く批判したことに学生が呼応。議場近くにいた大
学生の徐子桓さん(21)は「民主主義に反するやり方に強く抗議する」と息巻く。

 サービス貿易協定は中台が2010年に結んだ経済協力枠組み協定(ECFA)の具体化協議の1
つ。医療や金融、建設などの市場を相互に開放し、参入を容易にする狙いだ。6月の締結後、双方
の承認を経て早期に発効する予定だった。

 ただ台湾では、「業界への説明が不十分」などとして野党や一部住民が反発。従来は必要なかっ
た公聴会や審査手続きを経て発効することに決めた。だが3月10日に公聴会が終わっても、民進党
が「中国企業に雇用を奪われる」などとして審査を妨害。業を煮やした国民党は強行採決に打って
出た。

 景気低迷などを受け、各種世論調査による馬政権の支持率(満足と答えた比率)は2月中旬時点
で10%台前半に低迷。昨年8月には陸軍で兵役中の男性が虐待で死亡した事件に抗議し、10万人を
超える学生らが総統府前で真相究明を訴えた。こうした学生の不満が爆発し、過激な行動につな
がった形だ。

 立法院に立てこもった学生はサービス貿易協定の委員会での審査やり直しや、馬総統の謝罪を要
求。現時点では21日まで居座るとしている。

 騒動は中台関係にも波及しそうだ。中台当局は関税を原則撤廃する物品貿易協定などを早期に結
び、今年中にECFAを完成させたい考え。だがサービス貿易協定の発効が遅れれば、シナリオが
狂うのは必至だ。(台北=山下和成)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 絶妙なバランス?  吉村 剛史(産経新聞台北支局長)

台湾有情 絶妙なバランス?
【産経新聞:平成26(2014)年3月20日】

 「欧州とロシアの間のウクライナ、クリミア情勢はよそ事とは思えない」。台湾の元外交官はぼ
やくが、人口約2300万人のうち約85%が現状維持を望むとされる台湾のバランス感覚には感心させ
られる。

 尖閣諸島(沖縄県石垣市)をめぐっては昨春、日本と周辺水域の漁業問題を解決し不満顔の中国
とは相互の市場開放を一層促進する貿易協定に調印。野党や市民の反発もまた中国への牽制(けん
せい)になると考えているようだ。

 高校教科書では日本統治時代を「過度に美化しない」と用語や表現の厳格化に乗り出したが、中
学教科書には東日本大震災を機に発展した日台関係を海外交流の好例として掲載した。

 昨年末の安倍晋三首相の靖国神社参拝に対し、馬英九総統が自身のフェイスブックで批判すれ
ば、ほぼ同時に李登輝元総統が日本の雑誌のインタビューで「お参りするのは当然のこと」とフォ
ローしている。

 中国と初の当局間直接交流を実現させ、中台首脳会談も取り沙汰される中、街では日本時代の
1931年、夏の甲子園で準優勝した南部の嘉義農林学校野球部の栄光を描いた、ほぼ全編日本語の台
湾映画「KANO」が大ヒット中で、芸術表現はいたって自由だ。

 計算ずくか、ケース・バイ・ケースなのか、単に結果的にそうなのか?(吉村剛史)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 3月30日、大阪・国立民族学博物館で「伝統と創意―台湾における原住民族工芸」

【台湾週報:2014年3月6日】

 大阪府吹田市の国立民族学博物館(みんぱく)で3月30日(日曜日)、公開シンポジウム「伝統
と創意―台湾における原住民族工芸」が開催されます。

 「みんぱく」では、台湾の民族文化に関する道具や衣装を約6,000点収蔵しています。台湾の原
住民族(先住民族)の人たちと台湾と日本の研究者が協働して、博物館資料の調査・研究を行い、
単なるレプリカづくりではない「重製」という営みが生まれました。「重製」とは、受け継がれて
きたもの作りの技術とその礎となってきた価値観や世界観までもこめた工芸品を創り出すもので、
日常の製作活動にも新たな技術や技巧がとりいれられ、創意工夫が生まれています。民族の文化と
歴史を伝えてきた伝統と創意に満ちあふれた魅力ある原住民族工芸について、台湾のタイヤル族、
パイワン族、プユマ族の工芸作家、研究者を招き、ともに考えます。

公開シンポジウム「伝統と創意―台湾における原住民族工芸」

【日時】2014年3月30日(日曜日)13:20〜16:45
【会場】国立民族学博物館 講堂
【参加】一般公開 / 参加無料 / 申込不要 / 定員450名(先着順)
【主催】国立民族学博物館
【協賛】台湾文化部「台湾文化光点計画」
【協力】台北駐日経済文化代表処・台北文化センター

プログラム

13:20〜13:30 館長挨拶 須藤健一(国立民族学博物館館長)

13:30〜14:00 「趣旨説明と講演者紹介」 野林厚志(国立民族学博物館教授)

14:00〜14:50 「タイヤル族の染織工芸」
       ユマ・タルー(タイヤル族工芸作家)
       ブナイ・ワタン(タイヤル族工芸研究家)

15:10〜16:00 「パイワン族の刺繍工芸」
       陳利友妹(パイワン族工芸作家)

16:00〜16:45 「台湾原住民族工芸の現在、そして未来」
       林志興(国立台湾史前文化博物館研究員・プユマ族)

詳細は以下のウェブサイトをご参照ください。
http://www.minpaku.ac.jp/research/activity/news/rm/20140330

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』(会員:1,300円 一般:1,500円)
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』(会員:1,600円 一般:1,750円)
・喜早天海編著『日台の架け橋』(会員:1,100円 一般:1,260円)
・李登輝元総統対談掲載の『月刊「MOKU」9月号』(会員:1,500円 一般:1,700円)
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』(会員:1,500円 一般:1,700円)
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』(会員:1,400円 一般:1,500円)
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』(会員:1,300円 一般:1,400円)
・盧千恵著『フォルモサ便り』』[日文・漢文併載](会員:1,200円 一般:1,500円)
・廖継思著『いつも一年生』(会員:1,000円 一般:1,200円)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』(会員:850円 一般:900円)
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』(会員:1冊=2,000円 一般:2,500円)
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』(会員=1,000円 一般=1,300円)

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr【携帯用】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za【携帯用】

・『セデック・バレ(豪華版)』(会員:6,500円 一般:7,000円 送料:1枚290円)
・『セデック・バレ(通常版)』(会員:4,700円 一般:5,200円 送料:1枚160円)
・『海角七号 君想う、国境の南』(会員:4,000円 一般:4,500円 送料:1枚160円)
・『台湾人生』(会員:3,150円 一般:3,360円 送料:1枚160円 5枚セット:無料)
・『跳舞時代』(会員:3,500円 一般:3,980円 送料:1枚160円)
・『父の初七日』(会員:3,100円 一般:3,300円 送料:1枚160円)

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3【携帯用】

・「集団的自衛権の確立と台湾」渡部昇一先生講演録(2013年3月24日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)
・「台湾の将来と日本」中嶋嶺雄先生講演(2003年6月1日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」盧千恵先生講演(2004年12月23日)
・「台湾の現状と日台関係の展望」許世楷先生講演(2005年4月3日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・「二二八記念台湾問題講演会」阮美妹先生・西村眞悟先生講演(2009年2月28日)
・「台湾からの再出発」野口健先生講演(2010年12月23日)

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

・『台湾産うなぎセット』5,250円(税・送料込)
・『台湾飲茶6袋セット』4,200円(税・送料込)
・『台湾産天然カラスミセット』4,200円+送料600円(共に税込)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで600円
・『パイナップルケーキ』2,300円+送料500円(共に税込)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで500円

●「台湾フルーツビール・台湾ビール(金牌・瓶)」ご案内
http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-taiwanbeer.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み【PC用】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46
入会お申し込み【携帯用】https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan
posted by 親善大使 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日台共栄より
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/91043545

この記事へのトラックバック