2014年03月30日

藤原正彦氏が週刊新潮コラムで「台湾学生にエールを」 譲歩を余儀なくされる台湾政府

ritouki.jpg
>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成26(2014)年3月29日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2095]
1>> 藤原正彦氏が週刊新潮コラムで「台湾学生にエールを」 譲歩を余儀なくされる台湾政府
2>> 本日、浅野和生氏と三宅教雄氏のW講師で「第16回台湾セミナー」を開催!
3>> 浅野和生氏が『親台論─日本と台湾を結ぶ心の絆』を出版
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 本会ご案内の書籍等は、4月1日発送分から消費税8%に対応する価格(送料を含む)となりま
  す。お申し込みは3月31日(月)13時までにお願いします。

● 浅野和生氏と三宅教雄氏のW講師による台湾セミナー(3月29日)お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch 【PC用】

● 第21回「日本李登輝学校台湾研修団」お申し込み【締切:4月8日】
  http://goo.gl/KKnEAO(PC用) http://goo.gl/Nbp23T(携帯用)
● 台湾飲茶6袋セットや映画セデック・バレDVDなどのお申し込みは本誌下欄から!
 *詳しくはホームページをご覧ください。→ http://www.ritouki.jp/

◆【戸籍署名(第10期)】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
 *第10期署名:2014年1月1日〜3月31日
 *署名用紙とアピールチラシのダウンロードは本会ホームページからお願いします。
  http://www.ritouki.jp/suggest/koseki.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 藤原正彦氏が週刊新潮コラムで「台湾学生にエールを」 譲歩を余儀なくされる台湾政府

 「週刊新潮」に「藤原正彦の管見妄語」を連載する、数学者にして作家の藤原正彦氏が3月27日
発売の同コラムで「台湾学生にエールを」と題し、「中国の野望に対し奮い立った台湾の学生達の
祖国愛と勇気に、私は強い共感を覚える」と、立法院を占拠し続けている台湾の学生たちの行動に
共感を寄せ、エールを送っている。

 藤原氏は、なぜ学生たちが行動を起こしたのか、その背景を次のように説く。

≪学生が騒いでいるのは、国民的議論を経ぬまま結ばれたこの協定の批准に関する委員会審議を、
与党が一方的に打切ったためとされる。無論、非民主的手続きなどという些細なことに怒っている
のではない。協定が台湾の存亡に関わると洞察したからだ。≫

≪学生達は、サービスを市場開放すると言えば聞こえはよいが、台湾経済は市場規模の段違いに大
きい中国経済に呑みこまれてしまう。中国と台湾の経済一体化であり、中国による台湾併合の第一
段と感じとっている。≫

 さすが『国家の品格』の著者だ。行動の本質をズバリ衝く。慧眼である。さらには「台湾は我が
国にとって貿易上および国防上の生命線と言ってよい」とも説く。立ち読みでもいいから読んでお
きたい一文だ。

                    ◇ ◇ ◇

 ところで、その後の台湾の情勢が気になる。

 学生たちは明日(3月30日)、台湾総統府前広場「ケタガラン大道」で反サービス貿易協定デモ
をおこない、日本でも東京、京都、福岡で同時集会を開くことはお伝えしたとおりだが、ここに来
て、台湾政府は学生たちの要求の一部を呑んで軟化してきたようだ。昨夜の日経新聞インターネッ
ト版は次のように伝えている。

≪台湾の江宜樺・行政院長(首相)は28日、今後中国と協定を結ぶ際に情報公開と立法院などによ
る監査を義務付ける法律を制定する考えを表明した。中国と締結したサービス貿易協定の撤回を求
める学生らの運動を契機に市民の間で中国の影響力が強まることへの懸念が広がり、譲歩を余儀な
くされた。≫

 中国による台湾併呑の危機に立ちあがった学生たち、その勇気と行動を支持する台湾の人々の願
いが、学生の行動を非難していた馬英九総統に学生との直接対話を促し、政府を動かしはじめたよ
うだ。

 日経新聞は、3月24日にTVBSが世論調査した結果も紹介し、「サービス貿易協定を撤回し、
中国と再協議することを『支持』するとの回答が6割を超えた」とも報じている。馬英九政権はこ
の「台湾の声」を無視できるのか。世界が台湾を注視している。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 本日、浅野和生氏と三宅教雄氏のW講師で「第16回台湾セミナー」を開催!

 日台間は無法状態が長く続いている。交流協会と亜東関係協会という民間団体同士が「取り決
め」を結んで政府当局に折衝し、必要な便宜をはかることで合意しているに過ぎない。平成17年10
月、法治国家として異常なこの現状を打破するため日本版・台湾関係法「日台関係基本法」を発表
された平成国際大学教授の浅野和生(あさの・かずお)氏に、なぜこのような国内法が必要なのか
についてお話しいただきます。

 また、元海上保安大学校校長として尖閣問題を巡ってテレビ出演や講演も多い台湾生まれの三宅
教雄氏は、一方で台湾人戦歿者や台湾で亡くなった日本人の慰霊顕彰に熱心に取り組まれている。
台湾の日本人墓地や東京・奥多摩の台湾人戦歿者慰霊碑における慰霊祭、靖国神社で行われている
台湾出身戦歿者慰霊祭などの実情を紹介しつつ、日台を結ぶ絆をテーマにお話しいただきます。

 お二人の講師には、今回の立法院占拠事件についても触れていただく予定です。ご参加の方は、
申し込みフォーム、メール、FAXにてお申し込み下さい。         【当日受付可】

 平成26年3月吉日

                                    日本李登輝友の会

                     記

◆日 時:平成26(2014)年3月29日(土) 午後2時〜5時(1時30分開場)

◆会 場:アカデミー茗台 7階 学習室B
     東京都文京区春日2−9−5 TEL:03-3817-8306
     【交通】地下鉄:丸ノ内線 茗荷谷駅 徒歩8分
  http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_academy_shisetsu_gakusyubunka_meidai.html

◆演 題:なぜ日台関係基本法は必要なのか

◆講 師:浅野和生氏(平成国際大学教授)

     [あさの・かずお] 昭和34(1959)年、東京都生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業
     後、同大学大学院博士課程修了。関東学園大学講師、同大助教授、平成国際大学助教授
     などを経て、平成16年、同大教授に就任。法学博士。主な著書・共著に『君は台湾のた
     くましさを知っているか』『日米同盟と台湾』『馬英九政権の台湾と東アジア』など。
     編著に『日台関係と日中関係』『台湾民主化のかたち』『親台論─日本と台湾を結ぶ心
     の絆』など。本会理事。

◆演 題:日本と台湾を結ぶ絆

◆講 師:三宅教雄氏(元海上保安大学校校長・台南会会長)

     [みやけ・のりお] 昭和7(1932)年、台湾・台南生まれ。同31年に海上保安大学校卒業
     後、海上保安庁に入庁。第11管区海上保安部那覇航空基地長、第2管区海上保安本部
     長、海上保安庁装備技術部参事官などを歴任。同63年、海上保安大学校校長に就任。平
     成2年退官。同22年9月の中国漁船による海上保安庁巡視船への衝突事件など尖閣問題を
     巡り、領海警備の実情などをテレビや講演で訴え活躍。台湾協会評議員、本会常務理事。

◆参加費:1,500円(会員) 2,000円(一般) *当日ご入会の方は会員扱い

◆申込み:申込フォーム、メール、FAXにて。 

     申込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch
     E-mail:info@ritouki.jp  FAX:03-3868-2101

◆懇親会:講師を囲んで会場の近くにて
     参加費=男性:3,000円 女性:2,500円 学生:1,000円

◆主 催:日本李登輝友の会
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A 
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
 E-mail:info@ritouki.jp
 HP:http://www.ritouki.jp/
 Facebook:http://goo.gl/qQUX1

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 浅野和生氏が『親台論─日本と台湾を結ぶ心の絆』を出版

 本日開催の「台湾セミナー」の講師の浅野和生氏が3月27日、新刊『親台論─日本と台湾を結ぶ
心の絆』を出版されました。

 下記の目次を見ていただければ分かるように、台湾の歴史と日本の関係がほぼ網羅され、台湾入
門編でもあり、もっと台湾を知りたいという期待にも応える内容。もちろん、日本版・台湾関係法
といわれる「日台関係基本法」についても、なぜ日本にはこのような国内法が必要なのかについて
も言及しています。

 台湾セミナーの会場では割引価格で販売、お買い求めいただいた方には浅野氏がサインします。

                ◇  ◇  ◇

第1章:震災がつなぐ日台の絆
    各界各層から贈られた世界一の義援金、和歌で寄せられた台湾からのメッセージほか
第2章:近代における日台関係の歴史
    先住民の住む台湾を最初に統治したのはオランダ、平戸生まれの明朝最後の将軍鄭成功とその母田川マツ ほか
第3章:近代における日台関係の歴史―日清戦争前後
    清朝政府による台湾近代化のはじまり、日清戦争と台湾の割譲ほか
第4章:戦後の日台関係
    蒋介石総統の「以徳報怨」が礎となった日台の絆、中華民国の反日教育ほか
第5章:なぜ、「いまこそ親台」なのか
    台湾の「場所の悲哀」と「認識台湾」、「日華関係」から「日台関係」へ

               ◇  ◇  ◇

・書名:『親台論─日本と台湾を結ぶ心の絆』
・著者:浅野和生
・体裁:四六判、並製、228ページ
・定価:1,470円(税込み)
・版元:ごま書房新社
・発売:2014年3月27日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*4月1日発送分から消費税8%に対応する価格(送料を含む)となります。お申し込みは3月31日(月)13時までにお願いします。

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』(会員:1,300円 一般:1,500円)
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』(会員:1,600円 一般:1,750円)
・喜早天海編著『日台の架け橋』(会員:1,100円 一般:1,260円)
・李登輝元総統対談掲載の『月刊「MOKU」9月号』(会員:1,500円 一般:1,700円)
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』(会員:1,500円 一般:1,700円)
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』(会員:1,400円 一般:1,500円)
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』(会員:1,300円 一般:1,400円)
・盧千恵著『フォルモサ便り』』[日文・漢文併載](会員:1,200円 一般:1,500円)
・廖継思著『いつも一年生』(会員:1,000円 一般:1,200円)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』(会員:850円 一般:900円)
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』(会員:1冊=2,000円 一般:2,500円)
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』(会員=1,000円 一般=1,300円)

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr【携帯用】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za【携帯用】

・『セデック・バレ(豪華版)』(会員:6,500円 一般:7,000円 送料:1枚290円)
・『セデック・バレ(通常版)』(会員:4,700円 一般:5,200円 送料:1枚160円)
・『海角七号 君想う、国境の南』(会員:4,000円 一般:4,500円 送料:1枚160円)
・『台湾人生』(会員:3,150円 一般:3,360円 送料:1枚160円 5枚セット:無料)
・『跳舞時代』(会員:3,500円 一般:3,980円 送料:1枚160円)
・『父の初七日』(会員:3,100円 一般:3,300円 送料:1枚160円)

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3【携帯用】

・「集団的自衛権の確立と台湾」渡部昇一先生講演録(2013年3月24日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)
・「台湾の将来と日本」中嶋嶺雄先生講演(2003年6月1日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」盧千恵先生講演(2004年12月23日)
・「台湾の現状と日台関係の展望」許世楷先生講演(2005年4月3日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・「二二八記念台湾問題講演会」阮美妹先生・西村眞悟先生講演(2009年2月28日)
・「台湾からの再出発」野口健先生講演(2010年12月23日)

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

・『台湾産うなぎセット』5,250円(税・送料込)
・『台湾飲茶6袋セット』4,200円(税・送料込)
・『台湾産天然カラスミセット』4,200円+送料600円(共に税込)
*同一先へお届けの場合、10枚まで600円
・『パイナップルケーキ』2,300円+送料500円(共に税込)
*同一先へお届けの場合、10箱まで500円

●「台湾フルーツビール・台湾ビール(金牌・瓶)」ご案内
http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-taiwanbeer.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み【PC用】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46
入会お申し込み【携帯用】https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan
posted by 親善大使 at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日台共栄より
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/91991985

この記事へのトラックバック