2014年04月17日

【祝】 兵庫県が世界最先端のがん治療施設整備で台北医大と協定を締結!

ritouki.jpg
>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成26(2014)年4月16日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2109]
1>> 江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』のご案内
2>> 【祝】 兵庫県が世界最先端のがん治療施設整備で台北医大と協定を締結!
3>> 【祝】 秋田の由利高原鉄道が台湾の平渓線と4月30日に姉妹鉄道協定を締結!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【PC用】

● 浅野和生著『親台論─日本と台湾を結ぶ心の絆』 *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【PC用】

● 多田恵氏講演と特別ゲストによる「第17回台湾セミナー」お申し込み *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch

● 台湾飲茶6袋セットや映画セデック・バレDVDなどのお申し込みは本誌下欄から!
 *詳しくはホームページをご覧ください。→ http://www.ritouki.jp/

◆【戸籍署名(第11期)】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
 *第11期署名:2014年4月1日〜7月31日
 *署名用紙とアピールチラシのダウンロードは本会ホームページからお願いします。
  http://www.ritouki.jp/suggest/koseki.html――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』のご案内

 本書は、台湾川柳会の創立20周年を記念して編まれた初の日本と台湾の川柳交流句集。全4章に
日台が川柳を通して交流を積み重ねてきた歩みが躍動する労作。

 巻頭にカラー写真で交流の歴史を再現し、20年の軌跡は歴代会長の横顔を中心に歴史的証言や
エッセイで描く。日台川柳家122名の力作を収め、台湾川柳の嚆矢ともいうべき戦前の川柳誌『國
姓爺』も採録。台湾の用語解説も川柳でつづり、巻末には台湾川柳会の歴史年表も収める。阿川弘
之・本会名誉会長のエッセイ「台湾の川柳」も収録。

【本会ホームページ参照:http://www.ritouki.jp/

・江畑哲男[えばた・てつお]昭和27(1952)年生まれ。早稲田大学教育学部国語国文学科卒。東
 葛川柳会代表、全日本川柳協会常任幹事、早稲田大学国語教育学会会員。日本李登輝友の会会
 員。主な著書に『ぐりんてぃー―川柳句文集』『アイらぶ日本語―日本語で遊ぼう 川柳で遊ぼ
 う』『ユニークとうかつ類題別秀句集』『ユーモア党宣言!』『我思う故に言あり―江畑哲男の
 川柳美学』など。

 東葛川柳会 http://members3.jcom.home.ne.jp/tousenkai/

・台湾川柳会[たいわんせんりゅうかい]1994(平成6)年発足。現代表・杜青春。台北市内で毎
 月例会開催。〒10699 台湾・台北郵局53-384信箱

 http://ftp.scu.edu.tw/scu/japanese/taiwansenryu/

◆新葉館出版 定価:1,944円(税込) 四六判・並製・270頁

                ◇  ◇  ◇

◆頒 価:会員:1,700円  一般:1,850円

     *送料:2冊まで =164円  3冊以上=実費(日本国内のみ)
     *入会ご希望の方も会員価格です。

◆お申込:申し込みフォーム、またはメール・FAXにて

      https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px 【PC用】
      https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

◆申込先:日本李登輝友の会
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101 E-mail:info@ritouki.jp

◆支払い:代金後払い  *本と一緒に請求書を送付します。

-----------------------------------------------------------------------------------------

江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本』お申し込み書

・注文数:   冊

・振込先:郵便振替・ゆうちょ銀行・銀行(○で囲んで下さい)

・ご氏名:

・ご住所: 〒 

・電 話:

・E-mail:

・会 籍:会員・一般・入会希望(〇で囲んで下さい)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 【祝】 兵庫県が世界最先端のがん治療施設整備で台北医大と協定を締結!

 昨日の台湾紙の報道によれば、2011年の台湾では「平均5分40秒に1人の新規がん患者が発生し、
国民の251人に1人ががんを患っていた」(中央通信社)という。李登輝元総統も患った大腸がんが
もっとも多く、肝臓がん、肺がんと続いたそうだ。

 台湾のがん治療は世界有数と言われているが、さらに優れたがん治療技術や施設が望まれる中、
一昨日(4月14日)、世界最先端の粒子線医療設備を持つ兵庫県は台北医大と粒子線医療施設開設
を支援する協定を結んだ。読売新聞が伝えているので下記に紹介したい。

 今年に入って、2月7日には国立天文台が中央研究院とハワイ島のマウナケア山頂にある国立天文
台すばる望遠鏡の性能向上へ向けた研究開発を行うための協力継続の覚書を交わし、2月27日に
は、熊本大学病院が国立成功大病院と認知症共同研究で交流協定を締結するなど、日台間では科学
や医療分野での技術提携が結ばれている。がん治療の分野でも提携するようになったことに心から
祝意を表したい。

-----------------------------------------------------------------------------------------
粒子線施設整備で兵庫県が台湾の医大支援
【読売新聞:2014年4月15日】

 兵庫県は、台湾の台北医大が計画している粒子線医療施設の開設を支援することを決め、県と同
大学などの基本協定の調印式が14日、神戸市中央区の県公館で行われた。

 県立粒子線医療センター(たつの市)で実践されている世界最先端のがん治療が海外に“輸
出”される。

 粒子線は放射線の一種で、がん細胞に局所的に照射できるため、抗がん剤や放射線の副作用によ
る合併症の発生リスクを抑えられるとされる。

 県は同センターを2001年に開設し、これまで5000以上を治療してきた。この実績を生かそうと、
同センター内に11年、県の第3セクター「ひょうご粒子線メディカルサポート」を設立し、粒子線
治療に取り組む医療機関の支援を行っている。

 今回協定を結んだ台北医大は、粒子線の一種である陽子線による治療施設を16年度末までに台北
市内で開設する予定。同大学の医療職員が同センターを今年1月に視察した際、治療のノウハウや
治療装置の調整技術などが評価され、協定締結に至った。

 今後、同大学の紹介患者を同センターで受け入れるほか、医師や放射線技師の研修を行う。

 県病院局の西村隆一郎・病院事業管理者は「粒子線治療設備が台湾に導入され、患者の恩恵にな
ることを望む」と述べ、同大学の閻雲(エンウン)校長は「今後がん治療の道を開いていきたい」
と話した。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 【祝】 秋田の由利高原鉄道が台湾の平渓線と4月30日に姉妹鉄道協定を締結!

 台湾の「平渓線」は日本人観光客にも人気の鉄道スポット。昨年4月23日、江ノ島電鉄は台湾鉄
路管理局と観光連携協定に調印する鉄道提携を行い、平渓線と江ノ電が互いの一日乗車券の無償交
換サービスを始めた。好評なので、今年もそれを延長するという。

 この平渓線と、秋田の由利高原鉄道が4月30日に姉妹鉄道協定を締結するという嬉しいニュース
が届いた。さきがけ新報の記事を下記にご紹介したい。

 朝日新聞の伝えるところによれば、由利高原鉄道と平渓線の共通点として「ともに非電化の単線
で、列車のすれ違いにはタブレット交換による『閉塞(へいそく)方式』を採用している縁」が
あったために姉妹鉄道協定を結ぶに至ったという。心から祝意を表したい。

 網の目のように、そして重層的につながってゆく日本と台湾。今後もいろいろな分野で「絆」は
深まってゆくだろう。

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾のローカル線と姉妹鉄道協定 由利高原鉄道、30日調印
【さきがけ新報:2014年4月11日】
http://www.sakigake.jp/p/akita/topics.jsp?kc=20140411g

写真:観光路線として人気の高い台湾の「平渓線」を走る列車=大仙市の鉄道愛好家・伊藤一己さ
   ん撮影

 由利本荘市の鳥海山ろく線を運営する由利高原鉄道(春田啓郎社長)が、台湾で最も有名なロー
カル線として知られる「平渓(へいけい)線」と姉妹鉄道協定を結ぶことが10日、分かった。日台
双方の観光客の呼び込みを図るのが目的で、台湾からの誘客に力を入れる由利本荘市も観光振興に
つなげたい考え。長谷部誠市長や春田社長が今月28日から台湾を訪れ、30日に台湾鉄路管理局の関
係者と共に調印式を行う。

 平渓線は台北近郊の新北市を走る延長12・9キロ(三貂嶺=さんちょうれい=駅―菁桐=せいとう
=駅間)。日本統治下の1922(大正11)年に開業した炭鉱専用線が前身。沿線には「老街」と呼ば
れる古くからの商店街や渓谷があり、風光明媚(めいび)な観光コースとして人気が高い。日本に
もファンが多い。

 由利高原鉄道によると、交流サイト「フェイスブック」では、同社のフォロワー(読者)約2300
人のうち約1割が台湾人。台湾では鉄道ファンが多いことが、フォロワーの多さにつながっている
とみられる。

 春田社長は昨年9月、日本の鉄道路線に対する関心が高いことに着目し、台湾鉄路管理局に協定
締結を打診。交渉を進めた結果、先月10、11日に同管理局の鹿潔身副局長ら6人が鳥海山ろく線を
視察に訪れ、締結の内諾を得た。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*本会ご案内の書籍等は、4月1日発送分から消費税8%に対応する価格(送料を含む)となってい
 ます。ただし、台湾産食品は5月から消費税対応価格となります。

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

・浅野和生著『親台論─日本と台湾を結ぶ心の絆』 *new
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 *new
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・李登輝元総統対談掲載の月刊「MOKU」2013年9月号
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr【携帯用】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za【携帯用】

・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3【携帯用】

・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

・台湾産うなぎセット 5,250円(税・送料込)
・台湾飲茶6袋セット 4,200円(税・送料込)
・台湾産天然カラスミセット 4,200円+送料600円(共に税込)
*同一先へお届けの場合、10枚まで600円
・パイナップルケーキ 2,300円+送料500円(共に税込)
*同一先へお届けの場合、10箱まで500円

●「台湾フルーツビール・台湾ビール(金牌・瓶)」ご案内
http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-taiwanbeer.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み【PC用】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46
入会お申し込み【携帯用】https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan
posted by 親善大使 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日台共栄より
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/93358131

この記事へのトラックバック