2014年05月14日

李登輝氏、習近平氏を批判 「野心は毛沢東より大きいかも」

ritouki.jpg
>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成26(2014)年 5月12日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2129]
1>> 李登輝氏、習近平氏を批判 「野心は毛沢東より大きいかも」
2>> 【祝】 蔡焜燦先生への叙勲お祝いメッセージ(4)
3>> 【柚原正敬】 学生決起は台湾の独立意識に火をつけるのか [桜H26/5/9]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 江畑哲男氏(東葛川柳会代表)を講師に「第18回台湾セミナー」お申し込み *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch

● 蔡焜燦先生への叙勲お祝いメッセージ募集中!
  春の叙勲で旭日双光章を受章された蔡焜燦先生(台湾歌壇代表)へのお祝いのメッセージを募
  集中です。お名前、住所(市区町村まで)、年齢、できれば肩書きもお書き添え下さい。本誌
  発表の際に匿名や住所非公開を希望される方はその旨を記してください。その場合、お名前は
  イニシャルで、住所は都道府県まで発表の予定です。

● 2014年・ドラゴンライチ、黒葉ライチお申し込み 【締切:6月2日、16日】
  PC用 : https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/96xzbtxzdhkn
  携帯用 : https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/96xzbtxzdhkn

● 2014年・台湾アップルマンゴーお申し込み 【締切:7月22日】
  PC用 : https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz
  携帯用 : https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz

◆【戸籍署名(第11期)】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
 *第11期署名:2014年4月1日〜7月31日
 *署名用紙とアピールチラシのダウンロードは本会ホームページからお願いします。
  http://www.ritouki.jp/suggest/koseki.html――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 李登輝氏、習近平氏を批判 「野心は毛沢東より大きいかも」

 李登輝元総統は先週の5月6日、桃園県婦女館において「啓動第二次民主改革(第二次民主改革の
開始)」と題して講演され、続けて8日にも東呉大学で同じテーマで講演された。中央通信社が伝
えているので下記に紹介したい。

 李登輝元総統はこの講演会で学生からの習近平に関する質問に「野心は毛沢東より大きいかもし
れない」と答えられたという。

 さもありなんで、現在、中国が公船などを南シナ海に投入してベトナムに圧力を加える覇権的姿
勢を見れば一目瞭然だろう。南シナ海の次は台湾、東シナ海、尖閣諸島、沖縄、そしてその野望は
第二列島線にまで延びている。

 実は、国家主席を兼任する習近平・中国共産党総書記は2月に中国を訪問した連戦・中国国民党
名誉主席との会談で、台湾統一について「3段階統一論」を示したという。

 3段階とは、平和的発展→高官の往来→政治交渉だそうで、最終的には習近平と馬英九の会談を
めざし、平和協定を結ぶ下地を整えるという。

 4月24日付けでこれを伝えた韓国の「東亜日報」は「中国の最高指導者が、台湾との統一案につ
いて触れたのは、異例のこと」と報じているが、連戦に臆面もなく台湾統一論を披露する習近平の
野心は、確かに毛沢東より大きいようだ。

-----------------------------------------------------------------------------------------
李登輝氏、習近平氏を批判 「野心は毛沢東より大きいかも」
【中央通信社:2014年5月9日】

 (台北 9日 中央社)李登輝元総統は8日、中国大陸の習近平氏について「野心は毛沢東より大き
いかもしれない」などと述べ、アメリカと覇を競おうとしている同氏の姿勢を批判した。

 これは、東呉大学(台北市)で台湾の第2次民主改革について講演を行った際、元総統が学生の
質問に答えたもの。

 学生から「習近平政権下の中国大陸に民主化の兆しがあった場合、台湾は大陸とのさらなる提
携・統合に積極的に取り組むか」と聞かれた李氏は、「習氏に果たして民主化推進の意図があるだ
ろうか」と反問するとともに、アメリカとのパワーゲームに躍起になっている習政権の舵取りに懸
念を表明した。


 また、中国大陸の最大の問題として思想・信教の自由がないことなどを取り上げ、この現状が変
わらない限り、「正常な国となるにはまだまだ時間がかかりそうだ」との考えを示した。

                                (葉素萍/編集:羅友辰)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 【祝】 蔡焜燦先生への叙勲お祝いメッセージ(4)

 春の叙勲で旭日双光章を受章された蔡焜燦先生のもとには、祝電やお祝いのお花がたくさん届いているそうです。

 5月10日発売の「週刊ポスト」5月23日号でも、この叙勲について、ジャーナリストの井上和彦氏
が「司馬遼太郎が敬愛した台湾人・蔡焜燦『誇り高い日本精神(リップンチェンシン)よ、再び』
と題し、3ページにわたって執筆しています。

 井上氏は蔡焜燦先生から「日本の息子」と言われるほど親しく交流しており、『台湾人と日本精
神』(小学館文庫、2001年)の出版でも資料収集などでお手伝いした、蔡先生をよくよく知る井上
氏ならではのお祝いの一文です。

 この中で井上氏は、蔡氏と司馬遼太郎との交流について触れ、『台湾人と日本精神』から蔡氏が
司馬にヘチマ料理を振る舞ったときのやりとりについて「司馬が『痰一斗(たんいっと)』と詠む
と、蔡氏はすかさず『ヘチマの水も間に合わず』と返す」場面などを紹介し、司馬氏が蔡氏を「博
覧強記の人」「日本語の語感が確かな人」と評したことにも言及しています。

 今回、ご紹介する坂口隆裕氏の叙勲お祝いメッセージでも、蔡先生から「東風吹かば」で問いか
けられる同じような場面を紹介しています。

 ここで「にほひをこせよ梅花主なしとて春を忘るな」と即答できれば、蔡先生は「おっ、よく
知っているね」とほめられるのですが、二の矢、三の矢が続きますので、ほとんどの日本人は答え
られなくなります。そこで、蔡先生は嬉しそうに下の句を披露されます。

 坂口氏も即答できなかったようですが、蔡先生のこの問いかけにより「日本人としての自覚を呼
び覚まされて、心が震えました」とつづられ、坂口氏はこれが縁で「台湾歌壇」の同人になったと
いうことです。

◆週刊ポスト
 http://www.shogakukan.co.jp/magazines/detail/_sbook_2005405114

                  ◇  ◇  ◇

● 新緑に旭日映ゆる清し季節(とき)老台北の受章うれしや

坂口 隆裕(東京都国分寺市、会社員、台湾歌壇同人、59歳)

 待ちに待った蔡焜燦先生のご受章! おめでとうございます!

・新緑に旭日映ゆる清し季節(とき) 老台北の受章うれしや

 蔡焜燦先生に初めてお会いしたのは、私が半導体関係の仕事で台湾に赴任していた7年前、半導
体関係会社会長として台北の事務所にお越しいただいたときでした。

「東風吹かば・・・の下の句を言えるか」

 がICの仕事? のミーティングの第一声でした。

 あっけにとられている私たちを「昨今の日本人は日本を知らない!」とユーモアを交えながら愛
情たっぷりに導いて、気付きを与えてくれました。

 「日本人以上に祖国日本を愛する人が台湾にいる。日本人よ胸を張りなさい」として『台湾人と
日本精神』の著者である蔡焜燦先生は、気付きを与えてくれました。

 私は感銘を受け、日本人としての自覚を呼び覚まされて、心が震えました。自分の不甲斐なさを
恥じて、台北のアパートで何度も涙がこみ上げてきたことを思い出します。そんなときに、なぜ
か、心の底からわきあがってきて書き留めた、拙い短歌三首です。

・老台北の励ましの言葉身にしみて 今行動で何事かせむ

・日本と台湾の未来拓きたし 老台北の熱き想いで

・わが国の明るい未来切り拓き 老台北に見せんとぞ思う

 短歌は学生時代に参加した国民文化研究会の夏合宿以来約40年ぶりのことでした。

 それからすぐ台湾歌壇にお誘いいただいて、月例会で日本人としての薫陶を受けることが出来た
ことは私の財産になっています。改めて御礼申し上げます。

 これからも日本を見守り、日本人を導いていってください。ご健康と更なるご活躍をお祈りいた
します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 【柚原正敬】 学生決起は台湾の独立意識に火をつけるのか [桜H26/5/9]

◆【柚原正敬】 学生決起は台湾の独立意識に火をつけるのか [桜H26/5/9]
 http://youtu.be/FjWTtokTG94

 日本李登輝友の会常務理事の柚原正敬氏をお迎えし、『正論』6月号でも執筆なさっている台湾
の「太陽花学運(ひまわり学生運動)」をめぐり、対中「サービス貿易協定」成立に向けた政府の
強硬姿勢が学生達を立法府占拠へと駆り立てた経過や、「万年議会」解散へとつながった1990年の
「野百合学運」との関わり、そして今回、学生達が台湾独立に一切言及しなかったにも関わらず、
独立を支持する声が高まっている実状などについて、お話を伺います。

◆月刊「正論」6月号【5月1日発売、定価:780円(税込み)】
 http://seiron-sankei.com/recent

 中国併呑にノー! 学生決起は台湾の独立意識に火をつけるか 
 日本李登輝友の会事務局長 柚原正敬

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*本会ご案内の書籍等は、4月1日発送分から消費税8%に対応する価格(送料を含む)となってい
 ます。5月1日から消費税対応価格の台湾食品をご案内しております。

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 2014年・ドラゴンライチ、黒葉ライチお申し込み 【締切:6月2日、16日】
PC用 : https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/96xzbtxzdhkn
携帯用 : https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/96xzbtxzdhkn

● 2014年・台湾アップルマンゴーお申し込み 【締切:7月22日】
PC用 : https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz
携帯用 : https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】 *new
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

・台湾産天然カラスミセット 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便) *new
*同一先へお届けの場合、10枚まで700円
・パイナップルケーキ 2,480円+送料600円(共に税込、常温便) *new
*同一先へお届けの場合、10箱まで600円
・台湾飲茶セット 3,620円+送料700円(共に税込、冷凍便) *new
 *同一先へお届けの場合、2セットまで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

・浅野和生著『親台論─日本と台湾を結ぶ心の絆』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・李登輝元総統対談掲載の月刊「MOKU」2013年9月号
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr【携帯用】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za【携帯用】

・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3【携帯用】

・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)

●「台湾フルーツビール・台湾ビール(金牌・瓶)」ご案内
http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-taiwanbeer.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み【PC用】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46
入会お申し込み【携帯用】https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan
posted by 親善大使 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日台共栄より
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/96540063

この記事へのトラックバック