2010年09月14日

「中国よ、反日ありがとう」をふたたびーー尖閣諸島へ侵略の牙

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」より転載


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
      平成22年(2010)9月13日(月曜日)
       通巻3057号
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 「中国よ、反日ありがとう」をふたたびーー尖閣諸島へ侵略の牙
  新任丹羽大使を四回もよびつける傲岸不遜に日本のナショナリズムが沸騰するか
************************************

 外務大臣が当該駐在大使を呼びつけるのは外交的にありうる。
 それを袖にするのも高圧的ガイコウの一手段だ。げんに05年反日暴動のおり、駐日中国大使の王毅は日本外務省の呼び出しにおうぜす、公使を代理に赴かせた。

続きを読む
posted by 親善大使 at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2010年09月06日

宮崎正弘の国際ニュース・早読み(李登輝元台湾総統と会見)

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」より転載----------------------------
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
      平成22年(2010)9月6日(月曜日)弐
       通巻3052号 臨時増刊号
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<< 取材余滴 >>

 李登輝元台湾総統へのインタビュー
  「日本人よ、もっと元気を出しなさい」

 下記に掲げるインタビューは去る7月26日、台湾淡水の李登輝オフィスで行われたラジオ番組収録記録の余滴です。インタビュアーは宮崎正弘とマット安川。掲載箇所は殆どが宮崎の質問箇所です。

続きを読む
posted by 親善大使 at 12:01| Comment(2) | TrackBack(3) | その他

2010年07月23日

宮崎正弘の国際ニュース・早読み(中国経済の数字が大矛盾)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
      平成22年(2
010)7月23日(金曜日)
       通巻3028号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 中国の経済数字が極端なでこぼこを描き出した
  GDP成長な
のに商品価格は軒並み暴落気味、在庫が膨らんでいるが。。。。
**************************************
**

続きを読む
posted by 親善大使 at 10:40| Comment(0) | TrackBack(1) | その他

2010年07月15日

【日本時事評論】進む「中台一体化」を放置するな

平成22年7月16日「日本時事評論」より転載-----------------------------------
〈天録時評〉

 進む「中台一体化」を放置するな

 〜参議院に調査委員会の設置を!!〜

 台湾と中国は、六月二十七日に中国・重慶で、貿易自由化のための包括的な経済協定である「両岸経済協力枠組み協定」に調印し、経済の一体化を目指して大きな一歩を踏み出した。中台は工業製品など計八百六十品目の関税を平成二十五年(2013)一月一日までに撤廃すると共に、金融や医療など計十二のサービス分野でも市場開放を進め、経済分野の統合を目指している。

 中国政府は、今回の協定調印に至るために、大幅な譲歩を行なっている。台湾から輸入する農産物や工業製品に対して関税を免除する一方、台湾に対しては農産物の市場開放を求めず、労働力輸出もしないことを約束するなど、台湾側の要求を呑んでいる。これは中国政府が、貿易自由化の包括的な経済協定の調印で譲歩する見返りに、政治分野の交渉を促進するのが狙いであることは明らかだ。胡錦濤政権は、自らの任期である平成二十五年張るまでに、中台統一への道筋をつけようとしている。
続きを読む
posted by 親善大使 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2010年07月06日

【西村真悟】日本、中国、正逆の七月一日

西村真悟の時事通信 ( 平成22年 7月3日号) より転載
-------------------------------------------------------------------
【西村真悟】日本、中国、正逆の七月一日


 七月三日の今朝思う。七月一日は、日本人にとって記憶すべき日になるかも知れない、と。
 イギリス人にとって、首相のチェンバレンが、ミュンヘンでナチスドイツのヒトラーに宥和して帰り着いたヒースロー空港で、ヒトラーとの合意書を掲げ、「私は平和を持って帰った」と言った日は記憶に残るだろう。
 何故なら、振り返れば、このミュンヘンの宥和が、戦争への道、つまりヒトラーへの戦争のゴーサインになったからだ。ヒトラーは、ミュンヘンの合意後、ポーランド侵攻に突き進む。

続きを読む
posted by 親善大使 at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2010年06月08日

宮崎正弘の国際ニュース・早読み(号外)

 号外です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
     平成22年(2010)6月9日(水曜日)号外
      
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 六月九日!救国へ!保守大同の一大潮流形成へ!
   全国草莽は砂防会館へ総結集を!!

本日、六月九日、参院選挙を前に新たに発足した反日・日本解体「菅内閣」への痛撃第一弾の狼煙が上がります。
「頑張れ日本!全国行動委員会」は、東京都千代田区・砂防会館にて日本保守大同の一大潮流を形成すべく、真正保守の諸党派、団体に集まっていただき、参院選後の政界再編を視野に入れた大きな保守の「大風」を巻き起こそうと考えております。

続きを読む
posted by 親善大使 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2010年05月12日

日本ウイグル協会主催レセプションのご案内

日本ウイグル協会からの案内を紹介いたします。-----------------------------
uigur_flag_image.jpg

拝啓

惜春の候、皆様ご健勝の事とお慶び申し上げます。
また、日頃より私ども日本ウイグル協会の活動へのご支援、誠に有難うございます。

さて、この度、当協会の上部団体であります世界ウイグル会議より、総裁のラビア・カーディル、副総裁セイット・トムトルコ、事務総長ドルクンエイサの三氏が来日する運びとなりました。
21日に記者会見、22日に東京にてシンポジウム、23日に大阪にてシンポジウムを開催する予定です。

続きを読む
posted by 親善大使 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2010年05月05日

鳩山の普天間ダッチロールを中国人は拍手喝采していた

宮崎正弘の国際ニュース・早読みより転載---------------------------------
●小誌愛読者16000名! アクセス・ランキング、連休中も第一位!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
      平成22年(2010年)5月6日(木曜日)
          通巻2958号
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

上海万博不振、中国株下落の環境を狙って金正日が訪中
  鳩山の普天間ダッチロールを中国人は拍手喝采していた
*************************************
続きを読む
posted by 親善大使 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(5) | その他

2010年04月28日

「雄飛」編集員による台湾旅行・登山記

gyokusan2-162.jpg
鴻輝新報「雄飛」編集員による台湾旅行・登山記(H21.4)をホームページ“ライブラリー”へ掲載しましたので御覧下さい。
台湾最高峰「玉山」(日本の歴史にも刻印されている「ニイタカヤマ」)登頂も記録されています。必見!

http://www.ritouki-aichi.com/0904taiwanmy-photo/index.htm
posted by 親善大使 at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | その他