2010年03月17日

日・米・中は正三角形か?

塚本三郎元民社党委員長世評3月上旬。「日・米・中は正三角形か?」

PDFファイルはこちら
http://www.bunka.tank.jp/h2203_2.pdf

ホームページはこちら
http://www.ritouki-aichi.com/library_tsukamoto_h2203_2.html

日・米・中は、正三角形か?  平成二十二年三月下旬    塚本三郎

日本の外交は、米国と中国との関係では正三角形だ、との考えが鳩山政権の外交政策にはあるとみられる。小沢幹事長も同様であろう。されば、日米同盟はどうなるのか、と問われれば、それは大切だから、二国間の関係は、より深化すべきだと鳩山総理は弁解した。勿論、就任以来、何度も前言を翻す総理の言動は、信用出来ないけれども。
続きを読む

2010年02月28日

塚本先生世評「田中角栄とい小沢一郎の違い」

塚本三郎元民社党委員長世評3月上旬。「田中角栄と小沢一郎の違い」

pdfファイルはこちら
http://www.bunka.tank.jp/h2203_1.pdf

ホームページはこちら
http://www.ritouki-aichi.com/library_tsukamoto_h2203_1.html
---------------------------------------------------------------------
田中角栄と、小沢一郎との違い 平成二十二年三月上旬 塚本三郎

 日本の政治を支配しているのは、良かれ、悪しかれ、小沢一郎だと言われている。
 民主党が議会で圧倒的多数を占めている。だが、鳩山由紀夫に総理の席を与えて、陰の党首として院政を行っている小沢は、身に一片の傷が在るから、心ならずも院政を敷きつつ在る。そのことは、政界の第一線を退かざるを得なかった師の田中角栄に似ている。
続きを読む

2010年02月17日

塚本先生世評―混乱をいつまで続けるのか―

pdfファイルはこちら
http://www.bunka.tank.jp/h2202_2.pdf

ホームページはこちら
http://www.ritouki-aichi.com/library_tsukamoto_h2202_2.html

混乱をいつまで続けるのか   平成二十二年二月下旬   塚本三郎

 昨年夏の衆議院総選挙で、自民党政権に対して国民はお灸を据えた。

 だが結果は、お灸どころか、火焙りの刑に処して、自民党は、手足を大ヤケドして。健全な野党として、手も足も出せない姿になってしまった。

続きを読む

2010年01月30日

塚本先生世評―期待を裏切る「政権交代」―

 今回より、塚本先生世評を独立したカテゴリーにしました。なお、表記もpdfファイルへのリンクのみでしたが、本文をこのブログで読めるようにします。同時に、当ホームページ「ライブラリー」においても塚本三郎元民社党委員長小論集」を設けましたので御覧下さい。

pdfファイルはこちら
http://www.bunka.tank.jp/h2202_1.pdf

ホームページはこちら
http://www.ritouki-aichi.com/library_tsukamoto_h21_22.html

では、以下本文です。
--------------------------------------------------------------------
期待を裏切る「政権交代」   平成二十二年二月上旬  塚本三郎

 この世の道理は、七分と三分とに分かれることが多い、と私は論じて来た。

 科学の世界は、一〇〇%の完成を求め、それを達成するため、研究者は必死の努力を重ねている。人間社会は、善悪・両面を抱えているから、立場によっては七分と三分に相反することが多い。

続きを読む